ハリル日本合宿、戦術確認に大半 杉本は別メニュー

ハリル日本合宿、戦術確認に大半 杉本は別メニュー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05
No image

ミニゲームで激しいディフェンスを見せる井手口(撮影・足立雅史)

東アジアE-1選手権に臨む男子日本代表合宿の2日目の練習が5日、都内で行われた。

実戦形式などのメニューで約2時間、試合での動き方などを細かく確認した。今回は初招集の5人に加え、久々に招集された選手も多く、ハリルホジッチ監督は「分からないことがあったら話し合いながら」などと声を掛けながら動きを見つめた。

練習前のミーティングは約2分半と短く、練習の大部分が6対6のパス回しや、10対10の戦術確認だった。視察した関係者も「公開練習でここまでやるとは思わなかった」と話すほどの内容で、国内組のみのメンバーにハリルサッカーをしっかりと伝授した。

10対10の練習では、ハリルホジッチ監督が笛を吹いてプレーを止めながら熱心に指導。MF大島(川崎F)やMF井手口(G大阪)ら若手には大きな声で名前を呼び、身ぶり手ぶりで試合中の動き方を伝えた。

練習には2日連続で24人のメンバーが姿を見せたが、左脇と左足首の痛みを訴えて4日の練習を早々に切り上げていたFW杉本(C大阪)は、全体練習には参加せず、別メニューで調整を行った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【EAFF E-1サッカー選手権 2017 日本女子代表 vs 中国女子代表】【ハイライト動画】なでしこジャパンが田中の決勝弾で中国に競り勝ち、最終節北朝鮮戦に優勝懸ける
イッテQ、宮川参加お祭りの「不正疑惑」に騒然
なぜハンドボールは日本で人気が出ないのか ハンドボール  東俊介さん
「HEROs AWARD」宮本恒靖氏が最優秀賞受賞!発案者の中田氏も出席
【日本2-1中国|採点&寸評】JリーグMVPの小林が起死回生の“ローリングシュート”、CB昌子が“ミラクルミドル”とド派手のフィニッシュブローで勝利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加