「洗濯」表示記号を変更、国際規格に沿って41種類に

「洗濯」表示記号を変更、国際規格に沿って41種類に

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/01
No image

衣類などについている洗濯する際の注意事項が記された表示が、12月1日から新しい記号に変わります。

これまでの記号は日本が独自に定めた22種類でしたが、新しい記号は国際規格に沿った41種類に変わります。例えば、温度に関する表示、これまでは40度での洗濯が良いという意味でしたが、新しい記号では、40度以下なら損傷を起こさないという意味に変わります。この他、全く違う形の記号に変わるものもあれば、新たに定められたものもあります。洗濯表示の記号の変更は、記号が作られた1968年以降、初めてのことです。

消費者庁は、国際基準に統一することで海外との取引がさらに円滑になることを期待しているとしています。(01日00:38)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【気持ち分かる?】みんなの「小っせーけど、どうしてもイライラしてしまうこと」30連発
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
「世の中ウソばっかり!」決定的に何かが間違ってる例いろいろ
老舗温泉ホテルの熾烈な価格競争 1泊2食で6000円以下も
秋葉原の「オタク向け美容室」で推しポケモンの髪型にしてもらった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加