星槎道都大 北海道勢初Vに王手!8回コールド勝ちで初の決勝進出

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

◇明治神宮野球大会大学の部 準決勝 星槎道都大10―2環太平洋大(2017年11月14日 神宮)

北海道二連盟代表の星槎道都大(札幌学生)が投打に中国・四国三連盟代表の環太平洋大(中国地区)を圧倒。8回コールド勝ちで初の決勝進出を果たした。

1点を先行された星槎道都大は2回、石黒凌(4年)川崎進也(1年)の長短打で同点。3回にも石黒の適時二塁打などで勝ち越し、6回は相手投手の乱れと大西主将(かずまさ、3年)の走者一掃の三塁打などで一挙5点を挙げ勝負を決めた。投げては初戦完封の左腕・福田俊(3年)が5回を1失点。北海道勢初優勝に王手をかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出場校チーム紹介:大阪桐蔭(大阪)
甲子園塾始まる 花咲徳栄・岩井監督「指導者はもっと外に出るべきだ」
愛知県立旭丘高等学校(愛知)「かつて“100球国愛知”を引っ張った歴史と伝統を背負って今も...」
日大三高、土壇場で打線が爆発し東京を制覇。秋季東京都高校野球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加