【MLB】大谷翔平、第2打席で2試合ぶり安打! 2016年最優秀防御率右腕から快足飛ばして内野安打

【MLB】大谷翔平、第2打席で2試合ぶり安打! 2016年最優秀防御率右腕から快足飛ばして内野安打

  • フルカウント
  • 更新日:2019/06/20
No image

敵地でのブルージェイズ戦で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「3番・DH」で7試合連続スタメン出場

■ブルージェイズ – エンゼルス(日本時間20日・トロント)

エンゼルスの大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・DH」で8戦連続でスタメン出場し、3回の第2打席で2試合ぶりの安打を放った。

8試合連続で「3番・DH」に名を連ねた大谷が快音を響かせた。この日はアーロン・サンチェス投手と対戦。2016年に15勝2敗、防御率3.00の好成績をマークし最優秀防御率と最高勝率のタイトルを獲得した右腕から第2打席でヒットを放った。

初回の第1打席では一ゴロに倒れていた大谷。第2打席はラステラの適時打で1点を先制、トラウトが2ランを放ちリードを3点に広げた直後に打席に立った。1ストライクからの2球目、2シームを捉えた打球は高いバウンドの一ゴロ。快足を飛ばして内野安打として、2試合ぶりの安打とした。

右肘のトミー・ジョン手術から5月7日の敵地タイガース戦で戦列に復帰した大谷。6月に入って状態を上げ、13日(同14日)には日本人初のサイクル安打を達成して歴史に名を残す大活躍を見せた。

16日(同17日)のレイズ戦でマルチ安打を記録すると、17日(同18日)のブルージェイズ戦では4試合ぶりの一発と放つなど2戦連続マルチ安打を放った。18日(同19日)の同戦は3試合ぶりのノーヒットに終わり、今季の成績を142打数39安打9本塁打30打点、打率.275としていた。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
遠いホームベース、3試合ともロースコアの激戦。都市対抗野球6日目
阪神ソラーテ近日中に来日 研究熱心な大砲が虎救う
阪神チアが夏用ユニを披露 初のパンツスタイル あすヤクルト戦から着用
余命1年ステージ4の癌から早2年余り...不死鳥の“王キラー” 元燕左腕を駆り立てる夢
ドラゴンズ「10大どうでもいいニュース」2019夏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加