前田健太、投打の活躍で指揮官が称賛

前田健太、投打の活躍で指揮官が称賛

  • J SPORTS
  • 更新日:2019/08/23
No image

ロサンゼルス・ドジャースの前田健太は日本時間23日(現地22日)、本拠地でのブルージェイズ戦に先発し、6回を投げて4安打2失点9奪三振と好投。

しかし、味方打線の援護に乏しく、リードを許したまま降板となり、試合はドジャースが9回サヨナラで勝利したため、前田に勝敗はつかなかった。

◆試合結果
TOR|0 1 0 0 0 1 0 0 0 |2
LAD|0 0 0 0 0 0 0 0 3X|3

『MLB.com』は同日付で掲載した試合の速報記事に「マエダが6回の好投で9三振」というタイトルを付けたハイライト動画を掲載。

それと共に、記事の中で「この試合でドジャースが8回までに放った唯一の安打は、先発投手であるケンタ・マエダによる3回の単打だった」と、この日好投したブルージェイズ先発のワゲスパックから、前田が唯一の安打を記録したことを強調した。

また、『AP通信』の報じたところによると、ワグスパックはカーブが引っ掛かったところを前田に打たれたと、この日唯一の被安打について振り返ったとのこと。

また、これについてドジャースのロバーツ監督は、「今夜、我々はそんなに良いスイングが多くできなかったので、それについては向こうの選手を称えるべきだろう。

ケンタがいなければ、ノーヒットとなる可能性もあったのだから、あれは良かった」と述べたとのことである。

また、3連勝で地区首位を独走するチームを率いる指揮官は、肝心の前田の本職については次のように述べたとのことである。

「ケンタは今晩とても良かったし、あの投球が見られて良かった。クオリティ・スタートだね」。

ポストシーズンへ向け、前田自身も上昇気流を捉えたようである。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】アストロズ・コール、史上18人目のシーズン300奪三振達成! 球団では33年ぶりの快挙
【MLB】イチロー引退後の“新しいスキル”をマ軍監督が絶賛「ホームランダービーで見ても驚かない」
アストロズのコールが史上18人目の300奪三振 レンジャーズ戦で大台到達
ダルビッシュ、日本人2戦連続13K以上は野茂以来
パイレーツ守護神、試合前に13歳少女と淫行認める シーズン中の逮捕に衝撃走る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加