最新ランキングをチェックしよう
イグ・ノーベル賞、日本人が11年連続で受賞 「交尾の仕方があべこべで、メスにペニスがある洞窟の昆虫」で生物学賞

イグ・ノーベル賞、日本人が11年連続で受賞 「交尾の仕方があべこべで、メスにペニスがある洞窟の昆虫」で生物学賞

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/09/15

ユーモラスで考えさせられる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の2017年の受賞者が発表され、日本人らによる「メスにペニスがあり、オスにはヴァギナがある洞窟の昆虫」に関する研究が生物学賞に輝きました。ちなみに、日本人の受賞はこれで11年連続。やったー!
スイス、ブラジルとの共同研究で、日本人研究者が受賞
 受賞したのは、吉澤和徳氏(北海道大学)、上村佳孝氏(慶應義塾大学)らが2014年に発表した、ブ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
車を売りすぎてギネスブックに載った営業マンがやっていたこと
「キラキラネーム」が原因でいじめられた女性 「親を恨みます」に同情の声も
世界で一番危ない国は...リスク別に色分けされた世界地図が便利
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加