上司と部下の「信頼の距離感」を合わせる簡単メソッド

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2018/01/13
No image

上司:「なんでもっと早く言わなかったんだ!(言ってくれれば助けたのに)」

部下:「すみません、お忙しそうだったので……(いつ声をかければよかったの)」

職場でよくある、上司と部下のミスコミュニケーション。実はこの要因は、お互いに「言葉にして伝えていい範囲がわからない」というところにあるのではないでしょうか。

上司の立場にしてみれば、部下が「助けてください」と言ってくれなければなかなか気づけないものです。だから「もっと言ってくれていいのに」と、見守っている。しかし、部下の本音は「そもそも、どこまで『わかりません』と言っていいかわからない」「どこまでが迷惑でどこからが受け入れられるのかわからない」といったところではないかと思います。

なぜこういうことが起きるのでしょうか? それは、上司と部下では世代も背負ってきた文化も違うから、お互いの”信頼と不安の物差し”がわからないためです。例えば東京で働く人の多くは地方出身者です。北海道出身の上司と沖縄出身の若い部下では、おそらく褒められて嬉しいポイントすら違うかもしれないのです。

特に今は、人によって「これを守るのが信頼」「これをされると不安」という心の物差しが以前にも増してバラバラだから、気持ちよく「お互い様」とはなかなか言いにくい時代です。だからこそ、お互いが異星人であることを認め合いつつ、物差しを擦り合わせていく必要があると思います。

信頼の距離感を伝えあうメソッド

先日、長尾 彰さん、仲山進也さんが実施しているチームビルディングプログラムに参加させていただきました。その中に身体を使った「トラストフォール」という信頼を培うためのメソッドがあって、これは2人1組で同じ方向を向いて前後に並び、前の人が倒れてくるのを、後ろの人がしっかり支える、というもの。

実際にやるとわかるのですが、倒れるときは、後ろで支えてくれるかどうかが見えないので不安だけど、それを誰かに支えられた瞬間はすごくホッとします。チームの信頼関係もこれと同じ、ということで、身体感覚をもとに信頼関係を培うための簡単なメソッドであり、僕もよくチームメンバーと行います。

ここで面白かったのは、このメソッドを「上司と部下の適切な信頼領域の合わせ方」にまで昇華した方法で行っていたことです。どういうことかというと、そもそも人によって支えてほしいタイミングが違うから、どの角度で支えて欲しいかを何度も検証して伝えあう、ということです。

例えば僕は、自分でできる範囲ギリギリまで追い込まれた上で支えられるのが好きだし、それくらいの方が力を発揮できるタイプですが、逆に、早い段階から寄り添うように支えられている方が安心して実力を出せる人もいます。

実際の仕事場では、つい上司が「あいつはほっといても大丈夫」と楽観視したり、本当は心細いのに「大丈夫です」と部下が背伸びしてしまって、結果作業が回らない、という状態になりがちなのではないでしょうか? しかし、こうったメソッドを体験してみるとわかるのは、「支えて欲しい角度を言葉にしあった方が、お互いに楽になれる」ということです。

ワークショップで興味深かったのは、倒れたときに支えてもらうタイミングを微調整しながら、きちんと言葉にして「もうちょっと早く支えて欲しい」とか「もっと不安になるまでほっとかれた方がぞくぞくして気持ちいい」とか、喋りながらやることです。そうやって、一番心地のよい倒れ方、支えられ方をコミュニケーションすること、これを日常でも、きちんと伝え合うことが大切だと思うのです。

「こう扱われたい」を詳細に、具体的に伝える

もう一つメソッドを紹介しましょう。僕はプロジェクトを立ち上げるとき、メンバー全員が「自分の取り扱い説明書」を書きます。詳細は拙著「モチベーション革命」に詳しいのでそちらをご参照いただきたいのですが、簡潔にいうと「ビジネスシーンにおいて、自分はこう扱われると頑張れるし、こう言われると凹んでしまう」というトリセツをそれぞれ紙に書いて、交換し合うのです。

変化の時代ではどんな敵がどんな方向から現れるかわからないので、多様な強みを持ったメンバーがチームに必要です。そこで注意したいのは、せっかくの強みを理解し合わずに潰さないようにすることです。人の強みや心のエンジンになるものはそれぞれ違います。それらを発揮するために、自分にとって心地よいコミュニケーションのあり方を、細かく具体的に書き出し、交換し合うのです。

例えばチャットを使ったコミュニケーションの場合、どんなやりとりが心地いいか。たまに絵文字でフォローを入れられた方が気楽な人もいますし、あくまでビジネスライクなやりとりを好む人もいれば、必要なやりとり以外は一切せずに作業に没頭していたい人もいます。

そこで「私は簡潔なメールだけで用事を済ませるタイプです」と表明してしまえば、相手が「あれ、なんか冷たい?」「怒ってる?」などと、いらぬ推測で気疲れしたり、知らぬ間にミスコミュニケーションにならずに済みます。

もちろん、毎日会社で顔を合わせていて、ずっと同じチームで仕事をしていくならここまでやる必要はないのかもしれません。率直に「そこまで部下に合わせる必要はない!」と思われるのならば、おそらくトップダウンで成立する現場にいらっしゃるのかもしれないので、その場合は「確かに、ケースバイケースです」とお答えします。

しかし、変化の時代においては、むしろプロジェクトごとに全く知らない人とやりとりする機会も増えますし、そういったことに慣れる必要も出てきます。例え上司と部下という上下の立場でも、お互いの物差しを開示し合うことは、変化の多いビシネスシーンにおいて重要なポイントになるのではないかと僕は思います。

信頼が不安に変わるギリギリな距離を、お互いにしっかり把握した上での”強みの交換”、アイコタクトだけで相手が受け取れるギリギリの距離で受け取れるキラーパスで試合が決まるサッカーのような強みの相乗効果を生んでいきます。

ぜひ、「トラストフォール」も「自分の取扱説明書」も、ゲーム感覚で楽しんでみて欲しいです。なお、「トラストフォール」は受け止める安全性をしっかり確認した上で行うことをお忘れなく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
「トイレに入ったら “ウンコよりヒドい物” が便器に残されてました」って画像
「今夜どう?」のお誘い。夫婦だけのヒミツのサインを作ってます
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加