創成館、V候補・大阪桐蔭を破り決勝進出「一戦一戦成長とはこういうこと」

創成館、V候補・大阪桐蔭を破り決勝進出「一戦一戦成長とはこういうこと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

2番手で登板した創成館・川原=神宮球場(撮影・中田匡峻)

「明治神宮野球大会・高校の部・準決勝、創成館7-4大阪桐蔭」(13日、神宮球場)

初出場の創成館(長崎)が、優勝候補の大阪桐蔭を破って決勝へ進出した。

1点を追う三回に4点を奪って逆転すると、1点差に迫られていた五回は2点を追加して突き放した。四回から2番手で登板したエース・川原陸投手(2年)は、4回2/3無失点の好リリーフ。「試合をするだけでもうれしかった。まさか勝てるとは。ここまで来たらあと1勝なので優勝したい」と笑顔で振り返った。

稙田龍生監督は「いつやられるかと覚悟していたけど、投手がよく頑張ってくれた。こんな力があるんだな、と思いました。九州大会で初優勝して、いい流れのまま来ていると思う。一戦一戦、成長するというのはこういうことなのかな」と歓喜する選手の姿に目を細めた。

3安打1打点の3番・峯圭汰外野手(2年)は「今まで対戦した中で一番強くて、投手のレベルも全然違っていた。僕のところにはあまり飛んでこなかったけど、内野手はチェンジの時に『打球が速い』と驚いていた。でも、とても楽しかった」と快勝の余韻に浸っていた。

創成館は今秋、長崎大会、九州大会で優勝。今大会もおかやま山陽、聖光学院を撃破して準決勝へ進出していた。決勝は静岡-明徳義塾の勝者と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加