最新ランキングをチェックしよう
インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

  • QLife
  • 更新日:2016/10/19

持効型溶解インスリンアナログ注射液の柔軟性をもたせた用法・用量の変更承認
 糖尿病治療では、食事療法と運動療法を基本とし、必要に応じて薬物療法も行われます。その中でも基礎インスリン治療を行っている糖尿病患者さんの2人に1人は、投与時刻を毎日一定にする必要があるのに困難な状況にあり、安全性や有効性に対して影響がありました。そうした中9月28日に、ノボ ノルディスク ファーマ株式会社の持効型溶解インス

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカで抗生物質が効かない「スーパーバグ」が広がっている
52の「知能遺伝子」が人間のIQ差に2割の影響を与えていることが徐々に明らかに
線虫は嫌いな匂いから遠ざかるために「意思決定」する - 阪大が遺伝子を発見
「チョコレートが脳に効く」はこうして拡散した
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加