最新ランキングをチェックしよう
インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

  • QLife
  • 更新日:2016/10/19

持効型溶解インスリンアナログ注射液の柔軟性をもたせた用法・用量の変更承認
 糖尿病治療では、食事療法と運動療法を基本とし、必要に応じて薬物療法も行われます。その中でも基礎インスリン治療を行っている糖尿病患者さんの2人に1人は、投与時刻を毎日一定にする必要があるのに困難な状況にあり、安全性や有効性に対して影響がありました。そうした中9月28日に、ノボ ノルディスク ファーマ株式会社の持効型溶解インス

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女性生殖器をモデル化した「EVATAR」で月経周期のホルモン量変化を再現。生殖メカニズム解明や不妊・避妊薬開発に道すじ
難病による下痢・脱毛が、免疫を弱くすると治った日本人女性
人工の血液を無限に作り出す可能性を持つ「不死の細胞」が誕生
宇宙を漂流する超巨大メタリック球体「CFBDSIR 2149-0403」が謎すぎる! 木星の7倍、人工物の可能性浮上で科学者困惑
日本人と北米人の"物の探し方"は違う - 文化が視覚処理にも影響

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加