最新ランキングをチェックしよう
インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

  • QLife
  • 更新日:2016/10/19

持効型溶解インスリンアナログ注射液の柔軟性をもたせた用法・用量の変更承認
 糖尿病治療では、食事療法と運動療法を基本とし、必要に応じて薬物療法も行われます。その中でも基礎インスリン治療を行っている糖尿病患者さんの2人に1人は、投与時刻を毎日一定にする必要があるのに困難な状況にあり、安全性や有効性に対して影響がありました。そうした中9月28日に、ノボ ノルディスク ファーマ株式会社の持効型溶解インス

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガン関係の学術誌、論文107本を撤回。ニセの査読にだまされる
胎内再現、ヒツジ成長=将来は人の早産児に-米病院
SNSは「友人の死」の痛みを和らげる――米研究
炭化水素分子に電子を導入することで、スピン液体が発現 - 東北大
火星に樹が見つかる? NASAのモノクロ写真に「切り株が写っている」声上がる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加