最新ランキングをチェックしよう
インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

インスリン注射の投与タイミングの柔軟性が糖尿病治療にもたらす意味とは

  • QLife
  • 更新日:2016/10/19

持効型溶解インスリンアナログ注射液の柔軟性をもたせた用法・用量の変更承認
 糖尿病治療では、食事療法と運動療法を基本とし、必要に応じて薬物療法も行われます。その中でも基礎インスリン治療を行っている糖尿病患者さんの2人に1人は、投与時刻を毎日一定にする必要があるのに困難な状況にあり、安全性や有効性に対して影響がありました。そうした中9月28日に、ノボ ノルディスク ファーマ株式会社の持効型溶解インス

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デザイナー受精卵がビジネスに? 生殖医療+遺伝子編集の未来
地球=宇宙人の刑務所であることを示す4つの証拠とは!? 生態学者「正しい行いを学ぶまで、人類は地球から出られない」
「精巣サイズ これだけ違う!」無精子症の原因たんぱく質解明 近畿大
こんなにも宇宙は美しかった。NASAから送られてきた宇宙写真総種編
冥王星で500メートルの氷搭「ペニテンテス」が激写される! NASA科学者も困惑

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加