最新ランキングをチェックしよう
球審を狙って投げた?大リーグ機構が検証「故意ではないと判断」

球審を狙って投げた?大リーグ機構が検証「故意ではないと判断」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

大リーグ機構はクイン・ウォルコット審判員が試合で投球を肩に受けた件について検証を行い、その結果、その投球が故意ではないとの判断を15日に下した。
 ウォルコット審判員は13日のインディアンス―タイガース戦で球審を担当。この試合の3回に球速92マイル(148キロ)の投球をダイレクトで左肩に受け、その場に倒れ込んだ。タイガースのファーマー投手が投じたツーシームは、捕手のミットに触れることもなく直撃。肩

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
内川、福浦が迫る2000安打 過去に達成者を最も世に送り出した球団は?
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
【MLB】エンゼルス大谷翔平、米野球専門誌が選ぶ若手有望株トップ100で堂々の2位
新日本プロレス・棚橋弘至が大雪の日に上半身裸で路上ツイート! 「服着ましょう」「風邪ひかないで」
栗山監督が一日警察署長 ミッキーマウスは大谷似
  • このエントリーをはてなブックマークに追加