最新ランキングをチェックしよう
球審を狙って投げた?大リーグ機構が検証「故意ではないと判断」

球審を狙って投げた?大リーグ機構が検証「故意ではないと判断」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

大リーグ機構はクイン・ウォルコット審判員が試合で投球を肩に受けた件について検証を行い、その結果、その投球が故意ではないとの判断を15日に下した。
 ウォルコット審判員は13日のインディアンス―タイガース戦で球審を担当。この試合の3回に球速92マイル(148キロ)の投球をダイレクトで左肩に受け、その場に倒れ込んだ。タイガースのファーマー投手が投じたツーシームは、捕手のミットに触れることもなく直撃。肩

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
育ちがいい女の子の特徴って?幼児期にしておきたい基本のしつけ
椎名桔平の苦言にドラマ界から大拍手! テレビ界の“リアリティーのなさ”が止まらない!?
【男性の本音】男性が本気で女性を好きになったときにする行動4選
「パクリだよね」月9『絶対零度』がアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』そっくりだと話題
すごい緊張してるのが伝わる。ワンコに初めての挨拶をするマンチカンの子猫!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加