若松氏、巨人・山本の失策に「守備は...」

若松氏、巨人・山本の失策に「守備は...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2019/10/21
No image

7回ソフトバンク無死、デスパイネのゴロを後逸した巨人の三塁手山本=ヤフオクドーム(C)Kyodo News

SMBC日本シリーズ2019・第2戦
○ ソフトバンク 6 - 3 巨人 ●
<10月20日 ヤフオクドーム>

巨人の山本泰寛が失点に繋がる手痛いミスを犯した。

若林晃弘に代わって0-0の7回から三塁の守備に入った山本は、この回先頭のデスパイネが放ったサードゴロをファンブル。

この失策に20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第2戦 ソフトバンク-巨人』で解説を務めた若松勉氏は「守備は若林より山本の方が上という感じで、代えたんでしょうけどね」とコメント。この回からマウンドに上がった大竹寛は続くグラシアルに安打を打たれると、松田宣浩の3ランを打たれ失点した。

失点後、若松氏は守備の交代が「裏目に出ましたよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハムドラ6の梅林 契約金は自身と妹の奨学金返済に「下の妹の学費も払えるぐらい活躍できれば」
惜敗の侍ジャパン、稲葉監督は「責任はすべて私にある」
「いい夫婦」を子どもに伝えていくために。私が絶対にしない、ただひとつのこと。
『とんねるず』石橋貴明の“老化”に悲しみ「ちょっと見ないうちに...」
阪神・木浪、来季こそ遊撃定位置奪う!矢野監督に猛アピール2安打1打点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加