巨人・村田、8000万円減の2億2000万円で更改 過去2年の成績も反映

巨人・村田、8000万円減の2億2000万円で更改 過去2年の成績も反映

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/12/01

巨人・村田修一内野手(35)が1日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季の年俸3億円から8000万円減となる2億2000万円(推定)でサインした。

3年契約の最終年だった今季は、チームでただ一人143試合すべてに先発出場し、打率・302、25本塁打、81打点。本塁打と打点でチーム最多の数字をたたき出し、三塁手のベストナインとゴールデングラブ賞にも輝いた。

だが、3年契約1年目の2014年が打率・256、21本塁打、68打点、15年が打率・236、12本塁打、39打点と過去2年の成績が反映され、「去年いい成績が残せなかったけど現状維持でさせてもらったので、サインしました」と納得した。

来年1月からはチームメートの坂本勇人内野手(27)らとグアムで合同自主トレを行う。15年目の来季へ向け、「ベストナインをとって日本一になるのが最高の合格点」と意気込んだ。

No image

契約を更改し会見に臨む巨人・村田=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人がマギー獲得 楽天で28発、打線の起爆剤に
巨人内海、亀井「35歳最強説」体現を誓う
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加