最新ランキングをチェックしよう
西野ジャパンがデータ上でセネガルを凌駕! 長友と原口は2戦連続で部門トップに!【ロシアW杯】

西野ジャパンがデータ上でセネガルを凌駕! 長友と原口は2戦連続で部門トップに!【ロシアW杯】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/06/25

今大会屈指の好勝負となった日本vsセネガル戦。2-2ドローに終わった壮絶戦のゲームスタッツをFIFA(国際サッカー連盟)が公開した。数字上でも日本の奮闘ぶりが垣間見える。
 
 まずはチームデータから。ポゼッション率は日本から見て54%対46%で、パス本数(449本対338本)、パス成功率(84%対79%)、そして全走行距離(105km対102km)の各項目でアフリカの雄を凌いだ。シュート数は7本

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「もっとシュート撃てよ!」ノルウェー戦2発のなでしこ岩渕真奈がピッチ内外で示した存在感
リトルなでしこ、U-17女子W杯初戦はブラジルと0-0ドロー 指揮官「硬さがあった」
【森保ジャパン最新序列】長友負傷の左SBの代役は?ボランチで青山の穴を埋めるのは...
カー娘だけじゃない。男子日本代表、コンサドーレがアジアの頂点に
【日本代表】ベネズエラ戦は4バック?3バック? ひとつの指標になりそうな7対7のミニゲームのメンバー構成は?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加