最新ランキングをチェックしよう
江戸時代の“漂流民”と現代の“草食系若者”にある共通点 「生存のために無駄なものをそぎ落としている?」

江戸時代の“漂流民”と現代の“草食系若者”にある共通点 「生存のために無駄なものをそぎ落としている?」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2016/10/19

「無人島にたどり着いた漂流者は、あらゆるものをどんどんそぎ落としていく。よけいなものをためこまない現代の若者にも同じことが言えると思います」と語る高橋大輔氏

東京から600km南にある絶海の孤島、鳥島(とりしま)。江戸時代には、あのジョン万次郎をはじめ、多くの日本人が漂着した不思議な島だ。
漂流民が残した伝言を頼りに現地調査を重ね、『漂流の島 江戸時代の鳥島漂流民たちを追う』を上梓した探検家・高

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
時間返せ!三菱東京UFJ銀行が社名変更するも思わず二度見
無理やり起こされ、泣いても「夫婦の営み」強要...完全にDV、犯罪になる可能性も
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
佐々木希を夜の浅草に連れ出したら、神々しいまでに可愛くて辛くなった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加