ブルース・スプリングスティーン痛烈批判「トランプ氏は民主主義に傷」

ブルース・スプリングスティーン痛烈批判「トランプ氏は民主主義に傷」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19
No image

米国の大物ロック歌手ブルース・スプリングスティーン(67)は17日、米大統領選の共和党候補トランプ氏を「民主主義を傷つけている」と批判した。9月に日本を含む世界各国で出版した初の自伝「ボーン・トゥ・ラン」の宣伝のためロンドンで開いた報道各社向けイベントで語った。

スプリングスティーンは既に米誌で民主党候補クリントン氏支持を表明している。この日は司会者にトランプ氏が人気を集める理由を聞かれ「誰にも説明できないよ」と苦笑。「ひどいことが起きている」と述べた。

なお、自伝では貧しかった少年時代やデビューまでの道のりなどを赤裸々に明かしており、「できる限り自分を深く見つめながら書いた」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
現役アイドルがまさかすぎる形で引退を発表「この度私の妊娠が発覚しました」
新垣結衣と石原さとみの衣装が丸かぶり!「逃げ恥」「校閲ガール」に珍事発生
上戸彩の激ヤセ“鳥ガラ化”で、所属事務所の恋愛NG条例見直しへ! HIROの浮気疑惑が原因か?
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
上戸彩が激ヤセでネット民驚愕 「かわいいマチャミ」という例えも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加