17年ブレークNo.1は「カミナリ」 年間出演番組数ランキング

17年ブレークNo.1は「カミナリ」 年間出演番組数ランキング

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

メディアの調査・分析を行うニホンモニター(東京都港区)は6日、1~11月のテレビ番組出演者データを基に「2017タレント番組出演本数ランキング」を発表。TOKIOの国分太一(43)が671本で史上初の4連覇を達成した。昨年と比較し出演番組が増加したブレークタレントにはお笑いコンビ「カミナリ」が選ばれた。

No image

お笑いコンビ「カミナリ」の大竹まなぶ(左)と石田たくみ

16年のM―1グランプリで強烈な“どつき漫才”と“茨城なまり”が注目を集め一気にブレーク。16年は5番組の出演だったが、17年は235番組に急増。コンビでドラマ「ブラックリベンジ」(読売テレビ、日本テレビ系)の出演を果たすなど、活躍の場を広げている。

「カミナリ」以外に脚光を浴びたのが、24時間テレビのマラソンランナーを務めたブルゾンちえみ(27)。16年はわずか1番組のみの出演だったが、17年は一気に175番組と大幅増。バラエティーはもちろんドラマ「人は見た目が100%」(フジテレビ系)にも抜てきされた。

【2017年ブレークタレント10人】カミナリ235番組(5番組)/ANZEN漫才236番組(31番組)/立川志らく246番組(67番組)/銀シャリ186番組(9番組)/千鳥337番組(162番組)/ブルゾンちえみ175番組(1番組)/川島海荷248番組(84番組)/尼神インター 176番組(23番組)/サンシャイン池崎214番組(63番組)/滝沢カレン234番組(108番組)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『人殺しの息子と呼ばれて...』プライム帯SP視聴率は7.3%
ドラマ「電影少女」主題歌はtofubeats書き下ろし、劇伴の監修も
「そんな終わり方ある?」視聴者の不満が爆発! 2017年下半期“ダメ最終回”ドラマは?
はるな愛の“すっぴん顔”披露に「ここまで変わるとは」
「テラスハウス」要注意人物は?山里亮太、新シーズンに大興奮<新メンバープロフィール掲載>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加