貴乃花親方なぜだ 診断書作成の医師“反論”重傷じゃない...出場できた貴ノ岩

貴乃花親方なぜだ 診断書作成の医師“反論”重傷じゃない...出場できた貴ノ岩

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/21
No image

場所入りする貴乃花親方

大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜=に暴行を受け、頭部などを負傷した貴ノ岩(27)=貴乃花=の診断に関して新事実が明らかになった。日本相撲協会は17日、危機管理委員会が診断書を作成した医師に確認した結果、頭蓋底骨折、髄液漏れはあくまで疑いであり、九州場所初日から出場可能な状態であったと発表した。師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=が聴取で語った休場理由とは大きく食い違う結果に混迷がより一層深まった。一方、日馬富士はこの日、東京・両国国技館で鳥取県警から任意の事情聴取を受けた。

打ち出し後、協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が報道陣に文書を配布した。記されていたのは、貴ノ岩の診断書を作成した医師に危機管理委員会が診断根拠を詳細に確認した調査結果。それは事件の根幹にも関わる驚きの内容だった。

9日付で作成された診断書では「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」で全治2週間とされていた。危機管理委員会の調査によると、右中頭蓋底骨折はあくまで疑いに過ぎず、今回の傷害との因果関係は不明だという。また髄液漏れは実際に髄液が漏れた事実はなく、今後生じる可能性も極めてまれだとされた。

さらに全治2週間は受傷した10月26日から11月8日までの期間であり、12日の九州場所初日からの出場に支障がなかったとの言質を得た。「重傷」の報道には、診断した医師自身が驚いていることも公表された。

暴行事件が発覚した14日、協会から事情聴取された際に師匠の貴乃花親方は「(貴ノ岩は)ビール瓶で殴られた。頭が割れている。相撲を取る状況じゃない」と説明していたが、大きな食い違いがある。この日、都内の両国国技館で鳥取県警から任意の事情聴取を受けた日馬富士の進退に関わる協会の処分にも、影響を与えかねない内容だ。

協会は事件への対応の遅れを指摘されてきたが、春日野部長は「危機管理委員会は動きだしている。診断書の有無があり、調査をしたらこういう結果になった。病院もビックリしている。診断書はこれが最終的なものと理解して欲しい。分からなかったことを一つ一つつぶしていかないと」と力強く言い切った。

被害届を提出した貴乃花親方への痛烈な“反論文書”。同親方を再聴取することに春日野部長は「調査の段階だし、すべてが終わってから」と警察の捜査とも連動しながら見極めていく方針も示した。

来春には2年に1度の理事長選が控える。一連の貴乃花親方の立ち回りは、前回敗れた選挙をにらんだものと見る向きも協会内にはある。同親方は沈黙を貫くが、行動には謎が深まるばかり。自らの口で反論しなければ、立場は苦しくなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中尾彬、協会の貴乃花部屋詣では「パフォーマンス」
「白鵬を必ず殺す」北九州巡業会場に脅迫状...福岡県警が捜査
貴乃花親方の女装が衝撃的すぎる
貴乃花のモンゴル力士との交際禁止が諸悪の根源
「角界を取りもどす」と貴乃花親方が逆襲へ 日馬富士の書類送検も「貴ノ岩が悪者にされた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加