小平奈緒 課題は精神面「自分の中の欲深い部分が凄い滑りに出ていた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

スピードスケート女子のエース小平奈緒(31=相沢病院)が13日、長野市エムウエーブでの記録会に出場。20日から同リンクで始まる平昌五輪シーズン開幕戦、全日本距離別選手権を前に、「自分の中の欲深い部分が凄い滑りに出ていた」と精神面の課題を口にした。

この日は2種目にエントリーして、500メートルは37秒52、1000メートルは1分15秒59とまずまず。2日連続の500メートルは前日から0秒05遅れたが、この日2本目の1000メートルは国内最高に0秒51まで迫る記録だった。だが、「タイムはそこそこかもしれないが、滑りの内容はあまり満足のいくものではない」と厳しかった。

今月上旬には「気負わず、ひたすら自分のやりたい究極の滑りを磨くことに集中したい」と平常心を強調。ところがこの日、不満の滑りにつながったのが「タイムを出しにいこう」という気持ちだった。「そこが技術的にも影響を与える邪魔な意識」と分析した。

とはいえ、まだ開幕前のタイムトライアル。課題が明確になり「練習で出来ていることをレースで出し切る心の余裕というか、コントロールできる自分のメンタル的な部分を強く持っていければいいのかなと思う」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「食べる時間」を間違えると、たった1週間で肥満になります
【ガチ】人は死の瞬間に“自分が死んだ事実”を認識することが研究で判明! 「医者の死亡宣告も聞いた」遺体には意識が宿り続けている(米研究)
バカリズムが「クズだからテレビ出られてる」と斬り捨てたタレントとは?
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
中国の高速道路サービスエリアのトイレが今、あり得ないことになっている=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加