ノドを180°開ける「おじいちゃんのノート」の技術を活用した学習帳をショウワノートが中村印刷所と共同開発

ノドを180°開ける「おじいちゃんのノート」の技術を活用した学習帳をショウワノートが中村印刷所と共同開発

  • MdN
  • 更新日:2017/11/14
No image

「水平開きノート」

ジャポニカ学習帳の製造で知られるショウワノート株式会社は、“水平に開く”小学生向けの新たな学習帳を有限会社中村印刷所と共同開発し、2017年11月より販売を開始した。Twitterを中心に“おじいちゃんのノート”として大きな話題となった有限会社中村印刷所のノート「ナカプリバイン」の特許技術を用いた新商品。一般の文具流通、学校納品流通、一部書店流通および通信販売での取り扱いが予定されている。B5判 / 5mm方眼罫・リーダー罫入りの仕様で各250円(税抜)。

“おじいちゃんのノート”として知られる「ナカプリバイン」は、2014年10月に有限会社中村印刷所が開発し、製造方法に関しての特許を取得した。リング製本のノートというわけではないのに、ノドを180°の水平の状態に開ける“ありそうでなかった”ノートだ。2016年に同社社員の孫娘がTwitter上で宣伝したことから、3万以上のリツイートがされて注文が殺到。今回の「水平開きノート」は、その画期的な技術を活用したノートを「全国の小学生にも使ってほしい」という同社の中村社長の強い思いを受け、ショウワノート株式会社が共同開発に携わった。

「水平開きノート」は、“おじいちゃんのノート”と同様にノドが180°開く仕様で、水平に開くノートならではのメリットを数多く備えている。図形やグラフ、年表、地図などを見開きにまたがるサイズで大きく書けることはもちろん、定規を使いやすく、ノートの中心をまたいでコンパスも使用できる。背によってノートが机から浮いてしまって書きづらいこともない。さらに、コピーやスキャニングを行う際に、ノドの部分に影ができないことも大きな特徴だ。この仕様を生かし、「水平開きノート」の本文用紙の方眼は、中央が一本続きになった状態で印刷されている。

No image

カラーバリエーション

No image

見開きいっぱいを使って書くことができ、コピーの際などにノドに黒い影ができないことも大きな特徴

ショウワノート株式会社 / 有限会社中村印刷所
問い合わせ:03-5541-8071(ショウワノート株式会社 お客様相談室)
URL:http://www.showa-note.co.jp/
URL:http://nakaprin.jp/
2017/11/14

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
東芝が6000億円の増資決定 上場廃止回避へ
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加