ロッテ福浦が先制打、通算2000安打へM38

ロッテ福浦が先制打、通算2000安打へM38

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

楽天対ロッテ 2回表ロッテ無死三塁、通算1962安打となる先制適時打を放つ福浦(撮影・狩俣裕三)

<楽天13-5ロッテ>◇16日◇Koboパーク宮城

ロッテ福浦和也内野手(41)が先制打を放った。

2回無死三塁で、楽天辛島の外のスライダーを引っ張り右前に運んだ。直前に、一塁走者の中村が二盗を決め、敵失も重なり三塁に進んだ。そのため、相手の内野手は前進守備となっていた。

福浦は「スライダー以外のボールを待っていたけど、何とかついて行くことが出来たね。内野手が前進ではなかったら、セカンドゴロだね。まあ、先制点が取れた事が一番だよ」と話した。

これが今季30安打目で、通算1962安打とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み
プロ野球史上初の快挙 楽天に助っ人「シーズン20発トリオ」誕生
菜乃花のカープ優勝グラビア、I乳が横へ下へはみ出てめでたすぎる
鷹モイネロ負傷、復帰時期次第でリリーフ陣に影響も 起用法に再考の余地?
中日・小笠原がプロ初完投も、ファンの想いは複雑...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加