“守護神”同士の熱い友情

“守護神”同士の熱い友情

  • スポルト
  • 更新日:2017/11/14
No image

2人の仲には熱い友情がある

スペイン人GKイケル・カシージャスは、13日月曜日にロシア・ワールドカップ出場権を逃し、イタリア代表引退を発表したイタリア人GKジャンルイジ・ブッフォンにSNSでメッセージを送っている。「このような光景を見るのは好きではない。これまで長い間してきたのと同じようなあなたを見たい。レジェンド、幾度となく対戦できたことを誇りに思う。#1」とカシージャスは投稿している。

自身6大会目のワールドカップ出場を目指していたブッフォンはイタリア代表からの引退をワールドカップ2018スウェーデンとの欧州予選プレーオフ・セカンドレグを0-0で終え、予選敗退が決まったあとに発表している。

ブッフォンは、1958年からワールドカップ出場を逃していなかったイタリア代表の“大失態”を受けて、一番初めに『RAI』のインタビューに答えている。
「申し訳ない。社会的に重要な目標を達成することが我々はできなかった。本当に残念だ。時間は誰にも等しく過ぎていく。これがあるべき姿だ」と試合後に語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【検証】イタリアはなぜ世界王者から予選敗退まで凋落した? 後編:連盟と育成の機能不全
スペイン紙、W杯の“死の組”を予想。ポット4からは日本代表が選出
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
4戦連続先発の乾が先制OG誘発...蘇ったエイバル、今季最多5得点でベティスに圧勝
堂安2ゴール起点!連敗止めてMOM「勝つって最高!!!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加