好調 N-BOX、3か月連続トップで年間首位をほぼ確定...11月 新車販売総合

好調 N-BOX、3か月連続トップで年間首位をほぼ確定...11月 新車販売総合

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/06
No image

ホンダ N-BOX

もっと画像を見る
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は12月6日、11月の車名別新車販売台数(速報)を発表。初のフルモデルチェンジを受けたホンダ『N-BOX』が、前年同月比41.7%増の2万0992台で3か月連続トップとなった。

N-BOXが月間新車販売で総合トップとなるのは今年に入って7回目。年間累計販売台数も20万の大台を突破。2位のトヨタ『プリウス』に5万台以上の差を付け、年間販売総合首位の座をほぼ確実とした。

11月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)2万0992台(41.7%増)
2位:ムーヴ(ダイハツ)1万2291台(6.9%減)
3位:プリウス(トヨタ)1万1728台(12.0%減)
4位:アクア(トヨタ)9985台(19.5%減)
5位:ワゴンR(スズキ)9241台(58.6%増)
6位:フィット(ホンダ)9217台(45.5%増)
7位:タント(ダイハツ)9215台(10.4%減)
8位:デイズ(日産)8624台(11.9%増)
9位:カローラ(トヨタ)8381台(28.0%増)
10位:ミラ(ダイハツ)7581台(44.6%増)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】予算過去最大に“米国製兵器”急増の背景
パナソニックを手玉に取った香港系ファンドの次の「獲物」
メルセデス CLS 新型、ドイツ価格は6万8127ユーロから...フルデジタルコクピット+部分自動運転も可能
私が見た東芝・西田元会長 原発について語った忘れられない一言
今年の漢字は「北」に決まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加