“恒久的な退位制度を”同級生語る陛下の声

“恒久的な退位制度を”同級生語る陛下の声

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

天皇陛下が「退位」をめぐるお気持ち公表前の今年7月、同級生に電話をかけ、恒久的に退位できる制度を希望されていたことがわかった。

これは天皇陛下の小学校以来の同級生、明石元紹氏(82)が日本テレビの取材に明らかにしたもので、7月21日の夜、陛下から突然電話があったという。

明石氏「(陛下は)退位の問題についてはいろいろ今言われているけど、『これは僕としては随分前から実は考えていたもので、歴史的にいろいろ調べてみると、天皇が生前に退位するのはそんなに珍しいことじゃなくて、今自分がそういう(退位の)気持ちを持って臨んでも、そんなびっくりすることじゃないと思っていますよ』とおっしゃいました」

さらに陛下は「天皇は務めを果たせる人間がやるべきで、譲位は合理的な考え方だ」と話し、「将来を含めて可能な制度にしてほしい」と恒久的な退位の制度を望まれたという。

明石氏「当然これは自分だけの時代の話じゃなくて、次の代、次の代も制度としてそういうことにならないと意味がないといいますかね」

さらに「摂政」を置くことは大正時代に大正天皇、昭和天皇がそれぞれ不快に感じたとされる歴史に触れた上で強く反対されたという。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロ潜入ルポ、バイト解雇の流れに「最高のオチ」
タクシーがワゴン車に衝突、歩行者の女性はねられ死亡
千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには
USJ到着後 客乗せ待機中のバスから出火
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加