オリックス山崎勝が今季初安打「初球から積極的に」

オリックス山崎勝が今季初安打「初球から積極的に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

日本ハム対オリックス 5回表オリックス1死二塁、左越え適時二塁打を放つ山崎勝(撮影・黒川智章)

<日本ハム-オリックス>◇17日◇札幌ドーム

オリックス山崎勝己捕手(35)が5回、今季初安打となる同点打を放った。1死二塁から左翼線への適時二塁打。初球の低め直球をうまくとらえた。

「チャンスだったので、初球から積極的にいきました。何とか1本出したかったですし、今シーズンの初ヒットがタイムリーになってくれてうれしいです」。

直後の5回守備では現在リーグ盗塁王の西川の二盗を阻止。ベテランが攻守に存在感を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮プロ志望表明へ、ドラフト最多野茂8球団以上か
本命は?セ・パ12球団ドラフト1位候補
早実・清宮がプロ志望表明「より高いレベルでプレーしたい」複数球団の1位指名確実
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
ホークス柳田抹消 CSピンチ 右腹斜筋・肋間筋損傷 全治3週間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加