【MLB】田中将大、スライダー武器に空振り量産、27奪空振りは今季MLB最多4位タイ

【MLB】田中将大、スライダー武器に空振り量産、27奪空振りは今季MLB最多4位タイ

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/15
No image

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

2被弾2失点も走者を背負った場面ではタイムリーを許さず

ヤンキース田中将大投手が14日(日本時間15日)、本拠地オリオールズ戦で日米通算150勝を飾った。打線の大量援護に恵まれる一方で、自身は7回を投げて失点はソロ2被弾の2点のみ。7回を8安打8奪三振2四球とし、今季12勝(11敗目)をマークした。この日はスライダーの切れ味がよく、奪った空振りの数は27。球団公式サイトによると、今季メジャーで4番目に多い数だったという。

この日はスライダーで攻めた。4回にスクープにスプリットを左翼席へ運ばれ、6回にはマンシーニにカットを右翼2階席に叩き込まれたが、走者を背負った場面ではスライダーでバットを振らせた。記事によれば、102球のうち、奪った空振り数は27。MLB.comでデーター調査員を務めるダレン・ウィルマン氏のツイートによると、今季メジャーではダルビッシュ(31)、シャーザー(30)、サンタナ(29)に続く数字で、デグロムと並んで4位タイだという。

今季は序盤に苦しい登板の続いた田中だが、打者のバットに空を斬らせることに関しては、リーグトップレベルを保っているようだ。ヤンキースの試合を中継する「YESネットワーク」でデータ調査員を務めるジェームス・スミス氏のツイートによると、田中の今季の奪空振り率15.0%は、クルーバー(15.7%)、シャーザー(15.7%)に次ぐメジャー3位の高さだという。

前回のレンジャーズ戦では4回7失点とブレーキを踏んだが、後半戦は安定感ある投球を続ける右腕。チームは2連勝で地区首位レッドソックスを3ゲーム差で追う2位、ワイルドカード争いでは1位をキープした。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
56発スタントンを“本気”にさせたイチローの長打力 コーチが明かす秘話
マ軍、スタントンの57号弾などで12得点 イチローは代打で遊ゴロ
マー君「複雑です」ヤンキースのプレーオフ進出決定
『サンモニ』MLBの投げない敬遠に張本勲が「野球を知らない人がルールを決めてる」と苦言
【MLB】上原浩治を支える通訳の思い「私は恵まれてる」「彼が行く場所ならどこでも」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加