大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌した

大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌した

  • Sportiva
  • 更新日:2018/02/15

【短期連載・ベンゲルがいた名古屋グランパス (5)】

(1)(2)(3)(4)から読む>>

大岩剛のサッカー人生を変えたコンバート

左サイドバックが本職だった大岩剛(ごう)がセンターバックにコンバートされたのは、フランスキャンプを終え、6月7日に西京極で行なわれたパリ・サンジェルマンとのペプシカップの際だった。そのとき、大岩はアーセン・ベンゲルから何かを言われたわけではない。遠い記憶を引っ張り出すようにして、大岩は語る。

「試合前にセンターバックに入るように指示されただけ、だったと思います。そこで理由を説明されたわけではなかったし、僕から聞きに行くこともなかった。センターバックにケガ人が出ていたし、僕自身も試合に出られていなかったので、どのポジションだろうとやるしかない。そんな心境だったと思います」

No image

コンバートされたセンターバックで頭角を現した大岩剛(右)photo by AFLO

清水商業高校から筑波大学に進学した大岩は、1995年に名古屋グランパスに加入した。

Jリーグでは当時、控えチームによるサテライトリーグが行なわれていた。そのため、クラブは2チームを編成できるだけの選手数を保有していて、ポジション争いは極めて熾烈(しれつ)を極めた。

「あの頃、グランパスには40人くらいの選手がいたのかな。左サイドバックだけでも小川(誠一)さん、小杉(敏之)さん、加藤(泰明)、津島(三敏)とたくさんいた。僕は大卒だったから即戦力というか、活躍するのが当たり前だと考えていたし、当時は水曜、土曜、水曜、土曜と、すぐに試合がやってきたから、とにかく必死でした」

大岩は、左サイドバックとしてガンバ大阪との開幕戦のスタメンの座を射止めたが、デビュー戦でプロの洗礼を浴びた。サッカー専門誌の採点で、10点満点で4点をつけられるほろ苦いデビューとなり、チームも1-3と完敗した。

「(セルゲイ)アレイニコフと(オレグ)プロタソフの旧ソ連代表コンビに、完膚なきまでにやられたのを覚えています」

その後、4試合連続でスタメンを飾ったが、チームは第4節の浦和レッズ戦で、PK戦の末に辛うじて勝利をもぎ取っただけ。大岩は次の試合から3試合続けてスタメンから外れたのちにスタメンに返り咲くが、グランパスは勝利から見放されたままだった。

名門校を歩んできた大岩の目標は、常に優勝であり、全国制覇だった。負けに慣れていないサッカーエリートにとって、グランパスの現状には耐えがたいものがあった。

「チームが勝てないことにイライラしていたような気がします。そうしたら足首を痛めてしまって、自分が欠場してからチームが少し勝てるようになった。だから、ポジションを奪われるんじゃないか、そんな焦りもあったと思います」

No image

現在、鹿島アントラーズの監督を務める大岩剛 photo by Murakami Shogo

そうした状況で迎えたフランスキャンプだったため、大岩はコンバートを受け入れ、新ポジションでベストを尽くすしかなかった。

「やるしかない、っていう気持ちと、一方で、やれるんじゃないか、っていう根拠のない自信があったような記憶がありますね」

結果としてこのコンバートが、大岩のサッカー人生を大きく変えることになる。

FWを力ずくで押さえ込むのではなく、ポジショニングや駆け引き、読みで勝負する大岩にとって、エレガントにプレーするトーレスは理想的な存在だった。最高のお手本とコンビを組むことで才能が大きく開花し、攻撃の起点となれる現代的なセンターバックとして、大岩は息の長い選手になっていく。

「トーレスは本当に僕の師匠です。彼からセンターバックのすべてを学んだと言ってもいいですね。いつもトーレスを見て、真似していた。大げさに言えば、彼みたいになりたかったんです。あのとき、センターバックにコンバートされていなかったら、プロとしてどこまでやれたかわかりません」

大岩自身が言うように、その頃は平山大、森直樹と、センターバックに負傷者が出ていた。だがベンゲルは、その穴埋めのために大岩をコンバートしたわけではなかった。

大岩がベンゲルにコンバートの理由を聞いたのは、2011年に現役を退き、S級ライセンス取得のための研修でアーセナルを訪れたときだった。

「久しぶりにベンゲルと会っていろいろ話すなかで、理由を聞いてみたんです。そうしたら、『お前はサイドバックとしてはスプリント能力やスピードが足りなかった。でも、足下の技術があったし、視野も広い。だからセンターバックなら生きるんじゃないかと思ったんだ』って。それを聞いて、運がよかったと思いましたね。違う監督なら、サイドバック失格の時点で切られていたかもしれないから」

左サイドバックには、負傷のために序盤戦を棒に振った小川が収まった。こうして、のちに不動となる飯島寿久、トーレス、大岩、小川によるディフェンスラインが形成されたのである。

リーグ再開後、チームは変貌していた

『中日スポーツ』の名古屋グランパス担当である木本邦彦は、約1カ月ぶりに取材するチームの変貌に驚かされた。

木本は当時、小倉隆史が主力であるU-22日本代表も担当していたため、グランパスのフランスキャンプに帯同せず、同時期にタイで行なわれたアトランタ五輪アジア1次予選を取材していたのだ。

「連係がスムーズになっていたし、選手の動きに迷いがなく、プレーに自信が滲み出ていました。1カ月でこんなにも変わるものなのかと。それと、(フランク・)デュリックスですね。フランスで案内役でも買って出たんじゃないかな。借りてきた猫みたいにおとなしかった彼が、見違えるほどチームメイトと打ち解けていました」

No image

ベンゲルが獲得を熱望したデュリックス(左)とパシ(右) photo by Getty Images

6月17日に行なわれたリーグ再開初戦の相手はベルマーレ平塚だった。

野口幸司、岩本輝雄、名良橋晃、名塚善寛といった日本代表経験者に加え、ブラジル人司令塔のベッチーニョ、ルーキーながら存在感を放っていた中田英寿を擁する強豪である。

そのベルマーレに先制点を許したが、2トップを組む岡山哲也とドラガン・ストイコビッチのゴールで逆転する。その後に逆転されたが、後半3分に平野孝が得意の左足で強烈な一撃を叩き込み、再び同点に追いついた。このゴールについて、平野が回想する。

「左サイドに流れたピクシー(ストイコビッチ)がクロスをヘディングで落として、ピクシーと入れ替わるように中に入った僕がゴール右隅に決めたんです。ピクシーが外に開いて僕が空いたスペースに飛び込む形は、キャンプでずっと磨いてきたプレーでした」

延長戦(当時は前後半15分のVゴール方式)に突入したゲームは延長後半11分、ストイコビッチのCKをトーレスが頭で決めて4-3と競り勝った。オートマティズムが浸透し、動きに無駄がなくなったことで、選手たちには相手の一手先を行く感覚があった。フランスキャンプの成果がさっそく感じられたゲームだった。

1-0で勝利した次節の柏レイソル戦では、右サイドハーフにボランチの中西哲生が起用された。ストイコビッチには左サイドに流れる傾向があるため、右サイドはバランスを取る必要があったのだ。

もっとも、アーセン・ベンゲルは中西に自陣にとどまることだけを求めたわけではない。

「行けるときには攻撃に参加してくれ、と言われていました」

実際に、3-2で勝利した6月24日の第19節・横浜マリノス戦では、中西のアシストから岡山がゴールを決めている。後半8分、ストイコビッチからサイドチェンジのパスを受けた中西が、切り返してからクロスを放り込み、岡山が頭で叩き込んだのだ。

「ダイナミックな展開ですごくグランパスらしいゴールだった。でも、このあとオフサイドだったのに(マリノスの)山田隆裕のゴールが認められて、ベンゲルが激怒しちゃうんです」

ときに激情家の一面を覗かせるベンゲルは、判定をめぐってテクニカルエリアから飛び出してレフェリーに詰め寄り、退席処分を受けてしまう。

だが、生まれ変わったグランパスは、指揮官不在でも崩れなかった。中西に代わって入った米倉誠が決勝弾を叩き込み、4連勝を達成する。この米倉と、森山泰行がスーパーサブ的な存在として確立され、チーム力はさらに高まっていった。

ベンゲルがスタンドから見守った第20節のサンフレッチェ広島戦では、開始1分で先制点を奪われる。しかし、ハーフタイムにロッカールームにやってきたベンゲルは「精神的に強く戦えれば、2-1で逆転できる」と選手たちを鼓舞した。

すると後半、途中出場の米倉のゴールで追いつき、森山が決勝ゴールを奪うのだ。

「ベンゲルの言ったとおりになった、って選手たちは驚いていましたよ。でもね、負けたら誰もベンゲルの言葉なんて覚えてないけど、勝ったら、すげえなっていうことになる。言ったもん勝ちではあるんだけど、シンプルに言い切って選手をその気にさせるうまさがありました」

木本が22年前の取材ノートをめくりながら、当時の様子を振り返る。

その後、第21節には清水エスパルス、第22節には鹿島アントラーズと、苦手とするチームからも白星を奪って7連勝を飾った。グランパスは1995年シーズンを迎えるまで2連勝しかしたことがなかったため、クラブの連勝記録を一気に3倍以上伸ばしたことになる。

それは、紛れもなくフランスキャンプの成果だった。だが、一方で、ストイコビッチのパフォーマンスによるところも多分にあった。

“妖精”が、いよいよ真価を発揮し始めたのだ。

(つづく)

◆ベンゲルに挨拶に来たジョージ・ウェア。グランパスの選手は仰天した>>

◆光った柴崎岳、ハマらぬコウチーニョ。2人の違いでバルサが大苦戦に>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
川崎F知念「自信につながった」果敢に攻めて存在感
中澤佑二、40歳誕生日の開幕戦はドロー。新スタイルには手応え「勝ってても引かない」
「嘉人さんみたいにゴールを」川崎F知念慶、1トップで開幕J初スタメン
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加