自民・二階幹事長「一瞬たりとも楽観許さない」

自民・二階幹事長「一瞬たりとも楽観許さない」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

自民党の二階幹事長は、22日投開票の衆議院選挙の情勢調査で与党の優勢が伝えられていることを受けて、「一喜一憂することなく、万全の態勢を組んで運動にあたってほしい」と緊急通達を出しました。

すべての候補者に宛てた通達では「あたかも我が党が優勢で勝利も確実であるかのような報道がなされているが、選挙戦の現状は、一瞬たりとも楽観を許さない厳しいものであることを肝に銘じてほしい」と引き締めを促しました。また、公明党の山口代表も「選挙前の自公の議席からすれば、むしろ足りないくらいだ」と述べ、気を引き締めて選挙戦に臨むよう指摘しました。
公明党・山口代表:「300議席に仮に到達してもまだ減る。全体としては減るということになってしまうわけであります。そのことを与党としてはもっと厳しく捉えて、政権の選択をきちっと訴える」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小池刺客は全滅で行き場ない前原誠司 辻元清美セーフで佐藤ゆかりアウト?
立憲民主、なぜ勢い?=希望と一線「筋通した」の声【17衆院選】
メディアに叩かれてたけど、本当はスゴい4人の議員
【衆院選】希望の党で出馬の中山成彬氏が森友学園問題で安倍政権を攻撃 「変節」に百田尚樹氏ら保守界隈から批判の声続々
不倫疑惑で崖っぷちでも楽しげな“アニー”山尾志桜里氏のドブ板戦術とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加