最新ランキングをチェックしよう
TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

  • アゴラ
  • 更新日:2016/10/20

TPPが発効すると、関税が大幅に削減され、アメリカやオーストラリアなどからの輸入牛肉・豚肉が大量に入ってくることが予想されます。その際、日本では使用が認められていない肥育ホルモン剤や塩酸ラクトパミンなど飼料添加物を使用した牛肉や豚肉の輸入が増える可能性があります。
アメリカやカナダ、オーストラリアでは、こうしたホルモン剤や添加物の使用も、使用した肉の輸入も認められています。それに対し、EUやロシア

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大寒波っていうけどロシアに比べれば... 見よ、これが氷点下65度の世界だ。
謎だらけの騎馬民族スキタイ人 手付かずの「凍結墓」発見 シベリア
【報ステ】河川敷に遺体...行方不明の3歳男児か
1時間2万8,000円の特別サービス! 上海の日航ホテルが“売春宿”に!?
絶望的な水不足の南アフリカ、90日後には「枯渇都市」に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加