最新ランキングをチェックしよう
TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

  • アゴラ
  • 更新日:2016/10/20

TPPが発効すると、関税が大幅に削減され、アメリカやオーストラリアなどからの輸入牛肉・豚肉が大量に入ってくることが予想されます。その際、日本では使用が認められていない肥育ホルモン剤や塩酸ラクトパミンなど飼料添加物を使用した牛肉や豚肉の輸入が増える可能性があります。
アメリカやカナダ、オーストラリアでは、こうしたホルモン剤や添加物の使用も、使用した肉の輸入も認められています。それに対し、EUやロシア

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NYで地下鉄脱線 39人けが、朝の通勤ラッシュ時
カナダ軍の任務に疑問の目、3500メートルの狙撃成功で 首相は擁護
小出恵介淫行騒動で大阪府警が少女の背後にいる「大人」をマーク
大流行「ハンドスピナー」が“夏の危険”ワースト10入り 米消費者監視団体
プーチン大統領「騙されたことはあるか?」の問いに「私は騙されたことを忘れない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加