最新ランキングをチェックしよう
TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

  • アゴラ
  • 更新日:2016/10/20

TPPが発効すると、関税が大幅に削減され、アメリカやオーストラリアなどからの輸入牛肉・豚肉が大量に入ってくることが予想されます。その際、日本では使用が認められていない肥育ホルモン剤や塩酸ラクトパミンなど飼料添加物を使用した牛肉や豚肉の輸入が増える可能性があります。
アメリカやカナダ、オーストラリアでは、こうしたホルモン剤や添加物の使用も、使用した肉の輸入も認められています。それに対し、EUやロシア

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恐ろしい食毛癖 腹膜炎で急死した16歳少女の胃からボール状の毛髪(英)
岡田光世 「  トランプのアメリカ」で暮らす人たち バノンが引用していたフランスの小説
第3次世界大戦はAIが引き起こす...イーロン・マスクが警鐘
朝目覚めたら自宅が牛の軍団に包囲されていた件(イギリス)
アラスカ上空でパイロットが「UFOに追いかけられた」との報告...国が乗務停止処分に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加