最新ランキングをチェックしよう
TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

  • アゴラ
  • 更新日:2016/10/20

TPPが発効すると、関税が大幅に削減され、アメリカやオーストラリアなどからの輸入牛肉・豚肉が大量に入ってくることが予想されます。その際、日本では使用が認められていない肥育ホルモン剤や塩酸ラクトパミンなど飼料添加物を使用した牛肉や豚肉の輸入が増える可能性があります。
アメリカやカナダ、オーストラリアでは、こうしたホルモン剤や添加物の使用も、使用した肉の輸入も認められています。それに対し、EUやロシア

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パプアニューギニアでM8.0の地震、津波警報
サムスン「ギャラクシー」爆発、電池欠陥が原因と発表 「責任取る」
娘3人を幼児期から強姦、長女は13歳で父の子を出産 79歳狂気の父親(カナダ)
ゴシック様式の大聖堂にコッソリと隠された遊び心あふれる「イースターエッグ」のいろいろ
ソウル地下鉄で火災発生、乗客が車掌の指示を無視し脱出、セウォル号のトラウマか=「誰も信じられないのが大韓民国」―韓国ネット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加