最新ランキングをチェックしよう
TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

TPPで、「ホルモン剤牛肉」の輸入規制ができなくなる?

  • アゴラ
  • 更新日:2016/10/20

TPPが発効すると、関税が大幅に削減され、アメリカやオーストラリアなどからの輸入牛肉・豚肉が大量に入ってくることが予想されます。その際、日本では使用が認められていない肥育ホルモン剤や塩酸ラクトパミンなど飼料添加物を使用した牛肉や豚肉の輸入が増える可能性があります。
アメリカやカナダ、オーストラリアでは、こうしたホルモン剤や添加物の使用も、使用した肉の輸入も認められています。それに対し、EUやロシア

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
37歳女性首相が脅かすNZの将来 「成功」生んだ政策を否定
被害総額9000万円! 超高級ウイスキー含む69本が専門店から盗まれる(仏)
中国ステルス戦闘機J−20、空母搭載するには技術的問題多すぎる―中国退役将軍
長すぎ。急すぎ。危なすぎ。世界各国、スゴい階段の写真17枚
中国「国家4大AIプロジェクト」の全ぼうとは 自動運転、都市計画、医療映像、音声認識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加