伊勢谷友介「日本のドラマ界すげぇな」民放連ドラ初出演でスピード感に驚き

伊勢谷友介「日本のドラマ界すげぇな」民放連ドラ初出演でスピード感に驚き

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/11
No image

俳優の伊勢谷友介が11日、横浜市内のスタジオで行われたTBS系火曜ドラマ『監獄のお姫さま』(10月17日スタート、毎週火曜22:00~)の取材会に、主演の小泉今日子らと共に出席した。

宮藤官九郎脚本のこのドラマは、女子刑務所の中という過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇。罪を犯した5人の女たちと、罪を憎む1人の女刑務官が協力し、ある男への復讐を始めるが、ハプニングばかり!? 彼女たちの生き様を通して、絆、友情、生きる意味を描く。

本作が民放連ドラ初出演となる伊勢谷は、「映画の撮影と比べるとペースが速くて、その中でみなさんがこのクオリティを作っていて、日本のドラマ界すげぇなと感じているところです」とスピードに驚いたようで、「なるべくみなさんに迷惑かけないようにするんですけど、やっぱり追いつかないです。すいません」と謝った。

伊勢谷が演じるのは、小泉、満島ひかり、坂井真紀、夏帆、森下愛子、菅野美穂らが演じる女性たちの復讐のターゲットになるイケメン社長・板橋吾郎。「みなさんに寄ってたかってイジっていただく。なおかつ、みなさんの妄想にもつきあわせていただくことになるので、そこが役者としてはすごく楽しみ」と期待を口にした。

取材会には、伊勢谷のほか、小泉、満島、夏帆、坂井、森下、菅野、金子文紀プロデューサーが出席した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「THEカラオケ★バトル」の13歳美少女・鈴木杏奈の描く夢とは?
いじめと批判も「バカ殿様」特番に賛否両論
「温泉レポートにしか見えない......」元AKB48・篠田麻里子『水戸黄門』の入浴シーンが“ガッカリ”すぎ!?
宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ
山里がクロちゃんのポテンシャル引き出す「JUNK」ザキヤマ歌謡祭も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加