最新ランキングをチェックしよう
アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与している可能性を研究者が指摘

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与している可能性を研究者が指摘

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/22

by Like_the_Grand_Canyon
ニューヨークにあるマウントサイナイ・アイカーン医科大学などの研究者グループにより、アルツハイマー病の患者の脳では2種類のヘルペスウイルスが多く見つかることが確認されました。グループは、ヘルペスウイルスが脳細胞と相互に影響し、病気を進行させていることも見つけたそうです。
Multiscale Analysis of Independent Alzhe

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
右肩上がりの手術支援ロボ「ダ・ヴィンチ」特許満了でライバル増も問題なし?
AIで胎児の心臓異常をリアルタイムで検知する技術 - 理研などが開発
「こうやればいいんだよ!」イルカは人間から自分が学んだことを野生のイルカに教えることができる(英研究)
有機プロセスと人口システムを組み合わせ、太陽光でエネルギーを作るより効率的な方法が発明される(英研究)
慢性疼痛の原因となる「モヤモヤ血管」をスマホで診断できるアプリ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加