最新ランキングをチェックしよう
アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与している可能性を研究者が指摘

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与している可能性を研究者が指摘

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/06/22

by Like_the_Grand_Canyon
ニューヨークにあるマウントサイナイ・アイカーン医科大学などの研究者グループにより、アルツハイマー病の患者の脳では2種類のヘルペスウイルスが多く見つかることが確認されました。グループは、ヘルペスウイルスが脳細胞と相互に影響し、病気を進行させていることも見つけたそうです。
Multiscale Analysis of Independent Alzhe

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「朝食を抜くと太る」仕組みがわかった!?
地方都市のほうが深刻......急増する梅毒患者、出会い系が盛んな地方都市がヤバイ!
恒星間天体「オウムアムア」は宇宙人の探査機? - ハーバード大が論文発表
「こうのとり」が運んだ「すごいカプセル」太平洋で回収に成功! JAXA(動画)
月を目指せ! 米アポロ11号成功の一方でソ連は...? 歴史の陰に隠れた「ルノホート」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加