現役モデルがオススメする〝雰囲気美人〟になれるテクニック

現役モデルがオススメする〝雰囲気美人〟になれるテクニック

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/10

「雰囲気美人は、もって生まれてのもので、後天的になれるものでは…」と思っているとしたら、それはもったいない。

No image

現役モデルで、モデルスクール『sen-se』の代表も務める豊川月乃氏は、「雰囲気美人は誰でもなれる」という。今回は、豊川氏が監修した『心とカラダが若返る! 美女ヂカラ エクセレント』(リベラル社)で紹介されている「雰囲気美人になる方法」から、これだけは見逃せないテクニックを、ご覧いただきたい。

No image

●雰囲気美人は姿勢が命

ヘアスタイルやメイクがばっちりでも、姿勢が美しくないと台無しに。下図を参考に、正しい姿勢を身につけよう。

No image

慣れないうちは、きついと感じるかもしれないが、毎日短時間でいいので続けよう。やがてきつさもなくなり、すっと美しい立ち姿勢が持続できるようになる。

●ハイヒールの歩き方でステップアップ

正しい姿勢ができるようになったら、姿勢を維持しながらハイヒールで歩く練習をしてみよう。

No image

足の内側に重心をかけ、目の前にイメージした1本の線の上を歩くのがポイント。こうすると脚の内側に筋肉がついていき、楽に歩けるようになる。ふだんハイヒールを履かない人は、まず5センチのヒールから始め、慣れたら8センチ以上のヒールに変えるとよい。

●笑顔が雰囲気美人の決め手

笑顔がきれいな人が、誰からも好感をもたれるのは、皆ご存知のはず。ただし、笑えば何でもよいというものではなく、雰囲気美人には笑顔の作法がある。

No image

歯を見せるのが、大きなポイント。自分では歯を見せているつもりでも、そうなってないことが多いので、鏡を見ながら練習する。笑みを絶やさないよう心掛けていると、表情筋が鍛えられ、ほうれい線や頬のたるみの改善にも役立つ。

●しぐさで雰囲気美人を演出

「説明できないけど、あの人は雰囲気美人だ」と言われるような人は、実は何気ないしぐさが上手。例えば、対面で相手と話すときに、相手側に少し首を傾けるだけでも、かわいい雰囲気が出る。

No image

会話や食事のときに、こういったしぐさをすると雰囲気美人度が格段にアップ。さりげなくできるようになるまで、鏡の前でリハーサルをしておこう。

ご覧のとおり、雰囲気美人になるのは、けして難しいことでも、お金がかかるものでもない。むしろ、努力して美人になろうとすると、「苦しくて続かない」→「結果が出ない」→「自分を責める」という「おブスのスパイラル」にはまってしまう。本書では、本物の美人になるための、より実践的なメソッドも扱われているので、楽しく続けることをモットーに、自分に合うやり方から取り入れてゆくとよいだろう。

協力/豊川月乃
モデル、美容作家、Model & Beauty School『sen-se』代表。これまで、有名女優・トップモデルなど、のべ2万人以上を指導し、自身「東京コレクション」にも出演。また、ライフコーチとして、多くの人の夢実現や目標達成をサポートしている。

画像提供/リベラル社

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
便利なGoogleマップをもっと便利にする!とっておきの秘技5
武田教授が暴露。なぜ政府は北ミサイル発射を知らせなかったか
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
「もうすぐ飛行機が離陸するのだけど...こんなアナウンスが聞こえてきた」不安になる写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加