消費者金融業界で初導入したセブン銀行ATMを活用した「現金受取サービス」

消費者金融業界で初導入したセブン銀行ATMを活用した「現金受取サービス」

  • @DIME
  • 更新日:2018/11/09
No image

近年のEC市場拡大に伴い、企業から個人への送金機会が増える中、セブン・ペイメントサービスが提供する「現金受取サービス」の契約合意企業数は100社以上にのぼる。今回は、消費者金融業界で初めて導入されたサービスを紹介しよう。

セブン-イレブンのレジにおける「現金受取サービス」

プロミスではATMでの完済時等において1,000円未満のお釣りが発生した場合、利用者への主な返金方法は「店頭返金」「振込返金」であり、来店しやすい店舗が近隣にない、銀行口座の届出が面倒など、事情によっては受け取りが不便なことがあった。

No image

そこで、銀行口座を介さずに企業から個人宛に送金できる「現金受取サービス」を導入し、セブン銀行ATMとセブン-イレブンのレジを活用した返金方法を新たに追加。SMSで送付された番号等をセブン銀行ATMに入力し、出力されたレシートをセブン-イレブンのレジで提示するだけで、原則24時間365日タイムリーにお釣りの受け取りが可能になる。

全国2万4千台にのぼるセブン銀行ATMは、当社の取引チャネルの中でも特に利用されており、身近なチャネルで、簡単、便利に返金の受け取りが完了することで利用者の利便性向上を実現する。

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジムニーの進化の歴史を振り返る|初代から最新モデルまで
SUBARUに業を煮やす国交省 不正、まだやってたのか!?
SUBARU『フォレスター』VS マツダ『CX-5』世界で評価されるニッポンのSUV対決
「日本の自動車ユーザーは世界一高レベルの税金を負担している!」は本当なのか?
MVアグスタが ドラッグスター800RRアメリカ 発表、モチーフは星条旗...EICMA 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加