山崎武司氏、4位・阪神は「痛い1敗」

山崎武司氏、4位・阪神は「痛い1敗」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2019/08/25
No image

阪神・矢野監督

○ ヤクルト 5 - 1 阪神 ●
<20回戦・神宮>

4位・阪神は6位・ヤクルトに1-5で敗れ、連勝が5で止まった。これで3位・広島とのゲーム差が3となった。

阪神は3回に福留孝介の適時打で先制するが、5回に先発・ガルシアが中村悠平に適時打を打たれ逆転を許す。打線は毎回のように好機を作るが、あと一本が出ない。1-2のまま試合は終盤に進んだが、7回に登板したドリスが2失点、8回に登板した守屋功輝が1失点とリリーフ陣が踏ん張れなかった。

25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神-ヤクルト戦』で解説を務めた山崎武司氏は敗れた阪神について「タイガースは痛い1敗ですよね。全く今日勝てないというゲームだったら諦めもつくんですけど、勝てる展開もありましたからね。最後の最後のところでヤクルトにもっていかれましたけど、ちょっと痛い1敗になりましたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人がリーグ優勝記念グッズを販売 目玉は限定5個の純金ボール
イスラエルに「魔法の手」日本人コーチが五輪導く
巨人の救世主・増田 大輝(徳島インディゴソックス出身)に思う
ソフトバンク・工藤監督の指示を選手が拒否! 就任から5年、これだけではない“求心力低下”の証拠
巨人が5年ぶり37度目V、DeNA胴上げ許す 阪神CSの可能性残す...21日のセ・リーグは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加