羽生、全日本で復帰の意思「1週間安静」の意味とは

羽生、全日本で復帰の意思「1週間安静」の意味とは

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

9日、公式練習でジャンプを失敗し、転倒する羽生

右足関節外側靱帯(じんたい)損傷のため、NHK杯を欠場したフィギュアスケート男子の羽生結弦(22=ANA)が12日、18年平昌(ピョンチャン)五輪代表の最終選考会となる全日本選手権(12月21~24日、東京)で復帰する意思を示した。この日、日本スケート連盟を通じコメントを発表。10日間の絶対安静を医師に告げられたこと、全治まで約3~4週間かかる見込みだと明らかにした。

その上で全日本選手権に照準を合わせる意向で「何とか間に合うよう治療、リハビリに努力いたします。全日本ではいい演技が出来るよう頑張りますので、どうぞリハビリ、練習に専念させていただきます」とコメントした。実績からすれば、全日本選手権を欠場しても、平昌五輪代表に選ばれる可能性は高いが、出場して五輪代表を勝ち取りたいという気持ちがある。

日本連盟の小林芳子フィギュア強化部長は「1週間安静というのは、お医者さんが『その頃には痛みが取れる』というもの。そこから氷上に乗り、状況を自分で判断しながら練習メニューを組んでやっていくと思います」と今後の見通しを説明した。希望があれば医療面などで全面的にサポートしていく。関係者によると、羽生はこの日朝にNHK杯開催地の大阪を離れた。【高場泉穂】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全日本ジュニアは今年も熱い!有力選手を一気に紹介!【ジュニア男子・後編】
全日本ジュニアは今年も熱い!有力選手を一気に紹介!【ジュニア女子・後編】
浅田真央さん 初めて振り付けに挑戦「真剣になってしまった」姉・舞さんのショー用プロ
宮原ら公式練習=あすからスケートアメリカ-フィギュア
全日本ジュニアは今年も熱い!有力選手を一気に紹介!【ジュニア女子・前編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加