ゼウス&ボディガーが世界タッグ前哨戦で宮原に完勝!「弱点見つけてもうた」

ゼウス&ボディガーが世界タッグ前哨戦で宮原に完勝!「弱点見つけてもうた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/14
No image

宮原健斗(下)に勝利したゼウス(左)とボディガー=後楽園ホール

「プロレス・全日本」(13日、後楽園ホール)

王者の宮原健斗、ヨシタツ組にゼウス、ボディガー組が挑戦する世界タッグ選手権試合(25日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)の前哨戦が8人タッグで行われ、ゼウスが宮原から直接フォールを奪って勝利した。

ゼウスとボディガーはTAJIRI、KAIと組み、宮原、ヨシタツ、崔領二、野村直矢組と激突。2人は持ち前のパワーにものをいわせて野村を長時間捕まえるなど優位に試合を進める。ボディガーがヨシタツのヨシタツロックIで締め上げられるピンチもあったが、最後は宮原を孤立させてツープラトンののチョークスラムでたたきつけると、ゼウスがバイセップスエクスプロージョンからジャックハマーを決めて完璧な3カウントを奪った。

リング上でマイクを握ったゼウスは「健斗!こんなもんやったら、2月25日は時速200キロの直球でオレらの勝ちや。大阪で健斗とヨシタツ、ボコボコにしばいたるからな」と王座奪取を宣言。インタビューでは「今日、(宮原の)えらい弱点を見つけてもうた。それは世界タッグを獲っても言わへんけどな。何でか言うたら、チャンピオンカーニバルがあるからや。今年はボディガーと5冠なるで」と怪気炎を上げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中、ネリ対策練り上げた 相手得意の接近戦でも手応えあり
【新日本】EVILが左眼窩底骨折で欠場へ
王者ネリ禁止薬物再発防止へ2カ月前から栄養士雇う
岩佐「初防衛してこそ」=IBF・Sバンタム級
【WWE】アスカが王座奪取宣言直後、ナイアの襲撃に撃沈!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加