日大アメフト問題で明暗を分けた和田正人と武井壮

日大アメフト問題で明暗を分けた和田正人と武井壮

  • まいじつ
  • 更新日:2018/05/23
No image

(C)bee / PIXTA(ピクスタ)

日本大学出身の俳優の和田正人が、母校のアメリカンフットボール部員が起こした悪質な反則タックルについての謝罪会見に対して、つらい胸中を吐露した。

【関連】日大アメフト内田正人前監督「強気会見」の後ろ盾ほか

日大アメフト部員の記者会見。見てたら涙が出てきた。彼に対する不憫な想いなのか。それとも我が母校への腹立たしさなのか。あー。くそ。
— 和田正人 (@daaaaaawaaaaaa)
May 22, 2018
from Twitter

日大の陸上競技部出身で箱根駅伝にも出場するなど活躍した和田は、ツイッターに《見てたら涙が出てきた》などと投稿し、複雑な思いをツイッターでつづった。

ところが、この投稿には反論の返信が多く集まる事態になってしまった。

《腹が立ったなら、OBが声をあげて内田常務理事の解任を求めたら?》《クソだなお前の大学》《日大OB OGは、もっともっと声を出し日大ブラック本部に抗議すべきでは!?》

武井壮もツイッターで持論を展開

一方、タレントの武井壮も同じくツイッターで今回の記者会見について言及した。

スポーツってよ、努力して夢叶えて幸せになるためのもんだろう?大人のくだらねえ権威争いとか保身の為に子供達を扱うもんじゃねえだろうよ。。指導者の仕事はその知識と経験で最善の努力の時間を提供して世の中で生きていく為の武器や名誉、勝利より大切な人生を与えてあげることなんじゃねえのか??
— 武井壮 (@sosotakei)
May 22, 2018
from Twitter

この武井の発言に対してインターネット上では大きな反響があった。

《武井は鋭い。大人の争いために子供が巻き込まれている現実が分かっている》《日本大学の連中の耳に入れてやってくれ》《日大のアメフト部の連中は武井の爪の垢でも煎じて飲め》《勝利より大切な人生を与えてくれることのできない日本大学アメフト部への皮肉は効いているよな》

「元スポーツマンがさまざまな意見を言っていますが、日大アメフト部は“スポーツを暴力に貶めた”という点で、その罪は相当に重い。日本大学のことを『ブラック大学』と呼ぶ学生も出始めています。このままでは日本大学出身というだけでいじめられる人が出てくる事態になりかねません」(スポーツジャーナリスト)

今後、問題の収束に日大が真摯に取り組むことができるかに注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「あれが一発レッドなのか...」史上2番目のスピード退場となったコロンビア代表MFが嘆き節【ロシアW杯】
コロンビア日本●地元紙「腹切り」ファルカオ落胆
トッティのH組大胆予想――走るだけのチームではなくなった日本。個々の技術、戦術理解も素晴らしい【ロシアW杯】
傷心ハメスが沈黙を破った! 痛恨の日本戦黒星に「勝者はミスをしたくらいでは...」【ロシアW杯】
コロンビア同点弾に繋がったファウルは誤審? ファルカオはシミュレーション連発【ロシアW杯】

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加