<コラム>2018年に日本初上陸!フィリピンNo.1のファストフード

<コラム>2018年に日本初上陸!フィリピンNo.1のファストフード

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/01/11
No image

<コラム>2018年に日本初上陸!フィリピンNo.1のファストフード

2018年、フィリピンファストフードNo.1の『ジョリビー』が、日本へ初上陸する。日本に在住する、フィリピン人の間では、記念される初店舗の場所がどこになるのか、いろいろな噂が飛び交っている。写真は筆者提供。

2018年、フィリピンファストフードNo.1の『ジョリビー』が、日本へ初上陸する。

フィリピンでは、マクドナルドを上回る規模で、人気No.1。日本人の味覚からすると、ボヨーンとした、中途半端な甘めの味付け。スパゲティは、弾力が無く短めで、茹ですぎ。ハンバーガーも、お米も、日本の2年前のマクドナルドよりも不味いと感じる。チキンの味は、ソコソコだが少し油っぽい。

しかし、5〜10回通うと、だんだん慣れて美味しく感じることもある。クリームシチューのスープもソコソコ美味しくいただける。

24時間営業の店も多く、多くのフィリピン人に高く支持されている。100ペソ前後のセットメニューが多く、ファストフード店としては、安価な価格設定。ほとんどのショッピングセンターにも店舗がある。また、バイクでの宅配サービスも行うなど、いつでもどこでも『ジョリビー』だ。

賃金の安いフィリピンでは、スタッフの数が多く、活気のある店舗が多い。ドアにはガードマンも配置しており、セキュリティも高い。

日本に在住するフィリピン人の間では、記念される初店舗の場所がどこになるのか、いろいろな噂が飛び交っている。

同店を運営する「ジョリビー・フード・コーポレーション」は、フィリピン国内でジョリビー750店に加えグループ店を含め、約2700店を展開するフィリピン最大手の外食企業で、グループ年間売上は約2600億円(2017年見込み)を誇る。

■筆者プロフィール:LampangZ
1961年生まれ、東京出身。アジアでの体験談を中心に、どうしてこんな状況なんだろう、なぜなんだろうをお伝えします。アジアは不思議が詰まっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京】都内の美味しいラーメン屋さん6選【拉麺】
リプトンカフェが帰ってきた♡冬の『Lipton Good in Tea』で身も心も温めて
ステーキハウス「ウルフギャング」 高級肉を使ったランチ限定・期間限定の6種バーガー登場
銀座のおすすめランチ12選!安くて美味しいお店をご紹介
こんなに安くていいの!?飯田橋「かに港」で贅沢な蟹づくしフェアを開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加