37歳川崎F中村憲剛がベスト11「年齢関係ない」

37歳川崎F中村憲剛がベスト11「年齢関係ない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

ベストイレブンに選出された川崎F中村憲剛(撮影・江口和貴)

<Jリーグアウォーズ>◇5日◇横浜市

16年にMVPを受賞した川崎フロンターレMF中村憲剛(37)は、37歳で歴代3位となる7回目のベストイレブンに選出された。壇上で「どんどん若返っていっていますね。その中で頑張ってあらがいたい。まだまだ頑張ります」とベテランの意地をのぞかせた。

授賞式後の会見で、年齢にあらがう姿勢について聞かれると「(ベストイレブンの面々は)若いし、現役の日本代表ばかり」と現状を素直に見詰めた。その上で「37歳でここにいる意味を示したいし、年齢は関係ない。来年も、ここにいられるように頑張りたい」と闘志を燃やした。

昨季はMVP、今季は初優勝でJリーグアウォーズの舞台に立った。「個人で1番、すばらしい賞をもらって、あとはチーム…達成できて、本当にうれしい気持ちでここにいます」と笑みを浮かべた。

会見では、来季のアジア・チャンピオンズリーグについても質問が飛んだ。今季は優勝した浦和レッズに、準々決勝で大逆転負けを喫して涙をのんだ。特に1-4で大敗した第2戦では、DF車屋の一発退場を受けて、前半42分に無念の途中交代となった。中村は「今季、準々決勝で浦和に本当に悔しい負け方をした。もう1回、挑戦できるチャンスをもらった。リーグ戦と並行して戦うノウハウ、経験をしたと思うので、今年の浦和のように最後まで日本の粘りを見せられるよう、個人としてはチームに貢献できるよう頑張りたい」と決意を口にした。【村上幸将】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ライターコラムfrom熊本】降格圏21位に低迷も“奇跡の残留”...再生のチャンスを来季に生かせるか
アカデミーの「未来もかかっている」。札幌U-18が帝京長岡振り切り、プレミア復帰へ王手!
プレミア昇格挑戦5度目の磐田U-18、広島皆実を破って悲願成就へ王手
富山、今季加入した大卒ルーキーとの契約を解除
【Jリーグ最新移籍動向】元日本代表DFが山口へ完全移籍「レノファの躍進のために」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加