日本を襲う「海の異変」マグロ・イカ・サケ...漁獲激減の恐ろしい意味

日本を襲う「海の異変」マグロ・イカ・サケ...漁獲激減の恐ろしい意味

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/12/13

四方を海に囲まれた日本列島で、私たちは豊かな海の恵みを享受してきた。しかしその海は今、大量死や外来種の侵入などで危機に瀕している。続々と起こる異変は凄惨な異常気象の前兆なのか。発売中の『週刊現代』が特集している。
「地獄絵図です」
「富山湾では、時々リュウグウノツカイという胴長の深海魚が打ち上げられますが、今年はちょっと異常です。去年まで多くて4体の発見ペースで、見つからない年もあった。それが今年

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加