アメリカがユネスコ脱退を決定 パリの本部に通告

アメリカがユネスコ脱退を決定 パリの本部に通告

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

アメリカのトランプ政権は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)からの脱退を決定し、パリの本部に通告しました。ユネスコの財政の問題や反イスラエル的な姿勢への懸念などを理由としています。トランプ大統領は、大統領選挙中から国際機関へのアメリカの分担金の負担は不公平だと訴えていました。アメリカはオバマ政権時代の2011年からパレスチナのユネスコ加盟承認に反発し、分担金の拠出を凍結しています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【盗撮事件】民泊に宿泊したカップルがベッドに向けられた「隠しカメラ」を発見 → 宿主は逮捕
3Dプリンターで製作の橋が開通 オランダ
工場出荷時のまま未使用・新車状態で保存されていた1997年製「マクラーレン F1」が売り出し中! オーダーしたのは日本人!?
今週、北朝鮮と米国の戦争開戦リスク高まる...英国も参戦準備、NATO参戦も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加