最新ランキングをチェックしよう
「ブレードランナー」から考える、クラスター化という現代の闇

「ブレードランナー」から考える、クラスター化という現代の闇

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2017/11/16

今年続編が公開されて再び話題を呼んでいる1982年公開のSF映画「ブレードランナー」は、2019年の近未来を、科学技術と、深い孤独や疎外が同居する世界として描いている。人形に囲まれて暮らす科学者、架空の記憶を必死に作り上げるアンドロイド、そして、自分を狙うハンターだけが、想い出を語れる唯一の相手になってしまった悲劇──。天才タイレル博士をチェスで秒殺する電子頭脳を持ちながら、自らの未来を求めて反乱

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
「あなたはいつこの幼稚園を辞めるの?」マレーシアのローカル幼稚園は驚きの連続
こんなにおいしそうに見えるのに...残念ながら食べられない物いろいろ
ニュージーランド首相の妊娠・6月出産予定の一報に切なくなる日本女性「これが日本なら・・・」
顔は天使なのに属性が「闇」過ぎるロシアの美少女サラちゃん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加