非正規店で画面修理したiPhone X/8の操作不能問題はiOS11.3のバグ

非正規店で画面修理したiPhone X/8の操作不能問題はiOS11.3のバグ

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/04/18
No image

非正規店でディスプレイを交換したiPhone8/8 PlusやiPhone XをiOS11.3にアップデートすると、タッチ操作不能になり、画面の明るさの自動調整もできなくなる問題や、非正規バッテリーに交換すると「バッテリーの状態」が利用できなくなる問題は、iOS11.3のバグによるもののようです。

非正規ディスプレイがタッチ操作できない問題、iOS11.3のバグ

先日、非正規店でディスプレイを交換修理したiPhone8をiOS11.3にアップデートするとタッチ操作不能になる症状が発生していることをお伝えしました。

iPhoneなどの分解レポートや修理サービスで知られるiFixitによると、同様の症状はiPhone8だけでなくiPhone8 PlusやiPhone Xでも発生するとのことです。

iFixitは、この症状の原因はiOS11.3のバグであり、今後のアップデートで修正されるだろう、との見解を述べています。

明るさの自動調整ができない問題もiOS11.3のバグ

非正規店でディスプレイを交換したiPhone8/8 PlusとiPhone Xで、画面の明るさの自動調整が無効になる症状は、iPhoneが起動時に実行するハードウェアチェックが失敗することが原因だろう、とiFixitは分析しています。

非正規バッテリーの寿命確認できない問題もiOS11.3のバグ

iOS11.3では、新機能としてバッテリーの劣化状態が簡単に確認できる「バッテリーの状態」が追加されていますが、サードパーティ製のバッテリーに交換したiPhoneでは機能しない、と報じられていました。

iFixitは、この問題の原因を「iOS11.3でバッテリーとの通信に問題があるため」と指摘しており、iFIxitは近いうちにバッテリー状態に対応したバッテリーが提供されるようになる、と述べています。

非正規店で画面修理のiPhoneも保証対象の方針

非正規ショップでTouch IDセンサーを交換するとiPhoneが動作しなくなる「エラー53」問題は、ユーザーがAppleを相手取って集団訴訟を起こす事態にまで発展しました。

Appleはその後、謝罪のうえiOSのアップデートで問題を解決しています。

同社の社内向けメモで、非正規店でディスプレイの修理を受けているiPhoneも保証の対象とする方針が通達されています。

Source:iFixitvia9to5Mac
Photo:iFixit
(hato)

投稿非正規店で画面修理したiPhone X/8の操作不能問題はiOS11.3のバグiPhone Maniaに最初に表示されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple Watch at Isetan Shinjuku、まさかの5月13日に閉店へ
iPhone SE2に関する新情報がいっぱい! 5月発売でTouch ID搭載、無線充電に対応?
Apple製品の「スペースグレー」色の推移を見てみる
iPhone SE 2、間もなく発売?すでに量産が開始との情報
2016年10月~2017年10月製造のMacBook Proにバッテリー膨張の恐れ、無償交換開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加