元日本代表MF加藤恒平 ブルガリアから帰国 移籍も視野「チャンスがあって、良い選択であれば」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

ブルガリア1部ベロエ・スタラザゴラの元日本代表MF加藤恒平(28)が7日、羽田着の航空機で帰国した。11日にもリーグ戦が控えているが累積警告で出場できないため、「チームと話して」(加藤)早期帰国。来年2月中旬のリーグ再開まで都内でトレーニングを積む意向だ。

6月にキリンチャレンジ杯シリア戦とW杯アジア最終予選イラク戦の日本代表メンバーに初招集されたが、出場機会はなかった。それでも合宿を通じて「改めて課題がはっきりした」とハイレベルな環境から刺激を受け、「まずは今いる場所で何ができるかということが大事。その結果、代表に呼ばれれば凄く良いこと」と代表復帰をにらんでブルガリアでサッカーに打ち込んでいる。

チームはリーグ4位と好調だが、「チャンスがあって、それが良い選択であれば」とヨーロッパのクラブを第一候補に今冬での移籍も視野に入れている。サプライズ招集から半年。遅咲きの28歳は「もう一度代表に呼ばれたら次は試合に出たい。そのために一つ一つ目の前のことをやっていくだけ」とこつこつと努力を続けていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
120分間の死闘2連戦も...パチューカ指揮官、本田は「プレーできる状態だ」
「ようやく僕を理解してくれた」岡崎慎司はいかにしてレスター指揮官の信頼を勝ち取ったのか
Instagram、日本で最も人気だったハッシュタグは?<2017年ハイライト>
スペイン代表、ロシアW杯出場権はく奪の可能性が浮上...FIFAが政治干渉を警告
【ウインターカップ2017 コラム】U16日本代表候補は1年生ながら40分間フル出場。東山撃破に大きく貢献(星川堅信/洛南)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加