最新ランキングをチェックしよう
ピッチの脇には酸素ボンベ、歴史をつくるチベット自治区のサッカークラブ

ピッチの脇には酸素ボンベ、歴史をつくるチベット自治区のサッカークラブ

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/11/12

ラサ城投FCとの試合で酸素を吸入するアウェーチームの選手(2017年9月24日撮影)。

【AFP=時事】来シーズンの中国サッカーでは、3部リーグに所属するすべてのチームがラサ城投FCとのアウェーゲームに二の足を踏むに違いない。何しろチームの本拠地は、標高3658メートルという酸素休憩が必要な高地にあるのだ。 ラサ城投は今季、チベット自治区のチームとしては初めてとなる中国のプロサッカーリーグ3部へ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タイ1部リーグで「歴史的」八百長スキャンダル、選手ら12人逮捕
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
性的虐待まん延の米体操界、新たに五輪金メダリストが被害告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加