玉鷲 約束果たして“凱旋”「胸を張って帰ることができた」豪雨被害の福岡県朝倉市を慰問

玉鷲 約束果たして“凱旋”「胸を張って帰ることができた」豪雨被害の福岡県朝倉市を慰問

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/05

日本相撲協会が5日、7月の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市を慰問し、被災者らと触れあった。冬巡業で九州各地を回っている横綱・白鵬、九州出身の関脇・嘉風や、行司など総勢46人が参加。白鵬は横綱土俵入りを披露し大きな拍手を受けた。

No image

朝倉市でファンに囲まれる玉鷲

九州場所で宿舎を朝倉市に置いた片男波部屋所属の幕内・玉鷲も参加した。場所が始まる前にも慰問しており、「逆にパワーをもらった」と振り返る。そのときに被災者と「勝ち越して10番勝つ」と約束した。その言葉通り、見事に11勝を挙げての“凱旋”。

「胸を張って帰ることができた。おかえり、と言われて、ただいま、という感じです。もうひとつのふるさと」。この日は帰りのバスに乗り込む直前まで朝倉市の老若男女から握手攻めにあい、笑顔で応えていた。

九州場所では、勝ち越した日にインタビュールームで「約束を果たせた」と男泣きした優しい男は、初場所での三役返り咲きが濃厚。初場所へ「いい相撲をとって、(期待に)応えたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千代の富士から遠藤まで、ハッケヨイもカッコヨイ!イケメンすぎる力士たち
八代英輝、池坊議長の貴乃花批判は「言いがかりに近い」 相撲協会は警察からの連絡後も動かず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加