死者数、最大1億人!人類史上最悪のパンデミックはインフルエンザだった!

死者数、最大1億人!人類史上最悪のパンデミックはインフルエンザだった!

  • Rhythm (リズム)
  • 更新日:2017/11/12
No image

今から100年近く前に流行した、人類史上最悪の疫病といわれるスペイン風邪。そのスペイン風邪が、実はインフルエンザだったということをご存じでしたか?人類最悪のパンデミック(感染症の世界的な大流行)はどんなものだったのでしょうか?

No image

Wikipedia

1918〜1919年に全世界的に流行したこのスペイン風邪は、当時の世界人口のおよそ3割が感染したとされています。死者数はさまざまな説があるものの、およそ4000万人。一説によると5000万から最大1億人が犠牲になったともいわれています。短期間でこれだけの犠牲者が出たことは、疫病、災害、戦争というあらゆる死因を含めても、人類史上初めてで最大だったのです。

日本でも被害は甚大で、39万〜48万人が死亡したという研究結果が出ています。

No image

Wikipedia

第一次世界大戦の死者数よりも多い

4000万人の死者数といわれても、あまり実感できない数字ですが、どのくらいすごいかというと、あの第一次世界大戦での死者数が1600万人ともいわれますから、4000万人いうと、その倍以上。

しかもこの1600万人の中には、戦場でスペイン風邪に感染して死亡した兵士も含まれているのです。戦死者のおよそ3分の1は、スペイン風邪が原因とされています。

No image

Wikipedia

No image

Wikipedia

この事実からもわかるように、第一次世界大戦の終結はスペイン風邪によって早まったともいわれています。

スペイン風邪なのに発生源はアメリカだった

No image

Wikipedia

スペイン風邪の正体は、A型インフルエンザウイルス(H1N1亜型)。それまでヒトに感染しなかった鳥インフルエンザウイルスが突然変異を繰り返すなかでヒトに感染する新型インフルエンザになったと考えられています。

新型インフルエンザは、これまで人類が経験したことのない新しい感染症なので、もちろん、誰にも免疫がありません。だからこそ、スペイン風邪は人類史上最悪のパンデミックを引き起こしたのです。

実は、その発生源はアメリカでした。それなのに、なぜスペイン風邪という名称になったのでしょうか。その理由は、第一次世界大戦にあります。

流行当時は、第一次世界大戦の最中であったため、戦争に関わっていた国々は情報の検閲をおこなっていて、この風邪について一切公表しなかったのです。その中で、中立国であったスペインだけが唯一、公表していたので、スペイン風邪という名称になったわけです。

著名な犠牲者

日本

竹田宮恒久王(皇族)

末松謙澄(元内務大臣)

辰野金吾(東京駅の設計を担当した建築家)

島村抱月(劇作家)

大山捨松(西郷隆盛の従兄弟である大山巌の夫人で女子教育者)

西郷寅太郎(西郷隆盛の息子で軍人)

折田彦市(旧制第三高等学校<現在の京都大学、岡山大学の前身>校長)

野口シカ(野口英世の母)

No image

Wikipedia

海外

ギヨーム・アポリネール

フェリックス・アルント

マックス・ヴェーバー

ウンベルト・ディ・サヴォイア=アオスタ

エーリク (ヴェストマンランド公)

ジャック・キャフェリー

マルティン・クラウゼ

チャールズ・トムリンソン・グリフス

グスタフ・クリムト

No image

(グスタフ・クリムト『接吻』1908年)Wikipedia

ヘティ・ケリー

マートル・ゴンザレス

エゴン・シーレ

No image

(エゴン・シーレ『自画像』1912年)Wikipedia

ヤーコフ・スヴェルドロフ

チャールズ・ヒューバート・パリー

ジョー・ホール

ランドルフ・ボーン

レオン・モラーヌ

エドモン・ロスタン

ロスト・バード

現代でもインフルエンザには警戒する必要がある

当時はワクチンがまだ開発されていなかったために、これだけの犠牲者になってしまいましたが、やはり現代でも油断はできません。1968年に流行した香港風邪は50万〜100万人、2009年に流行した新型インフルエンザも1万8000人〜28万人の犠牲者が出たといわれています(統計に大幅なズレがあるのは、医療体制が整っていない地域で死因を確定しにくいためです)。

そして、忘れてならないのは、これまで人類が経験してきた新型インフルエンザは、すべて“弱毒型”だったということです。アジアを中心に鳥の間で猛威を振るう“強毒型”の鳥インフルエンザのヒトへの感染報告例も増えています。

感染すると、ダメージを与える強毒型の鳥インフルエンザがスペイン風邪のように、ヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザに変異した時には、地球規模での甚大な被害が懸念されています。

日本のインフルエンザ対策は世界最高レベルの米国などを参考にして、かなり充実してきたといわれていますが、油断はできません。新型インフルエンザのパンデミックにはご注意を。

No image

Wikipedia

トップ写真:Wikipedia

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
IKEAの『人感センサー付きLED照明』が爆安なくせにチョー使える! 価格は2つ入りで799円なり
「最初にコーヒーが飲めるのは誰?」ツイッターで流行っていたコーヒーのクイズ
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
かさぶたをはがしたくなる理由と、それを避ける方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加