豪州FWケーヒル、ロシア見据えクラブを退団「今後数カ月は、W杯に集中する」

豪州FWケーヒル、ロシア見据えクラブを退団「今後数カ月は、W杯に集中する」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/12/06
No image

オーストラリア代表FWティム・ケーヒル【写真:Getty Images】

6日、オーストラリア1部のメルボルン・シティは、オーストラリア代表FWティム・ケーヒルが双方の合意の下でクラブを退団することを発表した。

昨年の夏に中国の杭州緑城からメルボルン・シティへと移籍したケーヒルは、FFAカップの優勝に貢献するなどまずまずのシーズンを送っていたが、今季は出場機会に恵まれず。来年のW杯出場に向けてできるだけ多くのプレー時間を確保すべく、クラブに退団の意思を打ち明けたようだ。

「W杯出場をかけた戦いは大きな冒険であった。そしてロシアで国を代表することはこの上ない名誉となるだろう。今後数カ月は、そこに集中することになる」

さらに、W杯への思いを打ち明けたケーヒルは、長年国内リーグのチームでプレーすることが目標であったことを明かし、クラブへの感謝の気持ちを述べた。

「オーストラリア国内のチームでプレーすることは、常に僕にとって重要な目標であった。そして、ここでの経験は最初から最後まで満足のいくものだった。メルボルン・シティの選手やスタッフ、そして特にファンのみんなに感謝したい」

クラブ退団を決意したケーヒルの新天地は未定となっている。W杯開幕までは残り約半年だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
別メニューの遠藤に代わり先発か...浦和DF森脇「自分が出てもやれるところを見せたい」
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
アーセナルが最後の一押し...エジル残留に向けて新オファー提示へ
ガットゥーゾ新監督が待望の初勝利!ボナベントゥーラ2発でミランは4試合ぶりの白星
“重要な一戦”でアジア王者の意地を見せる...浦和GK西川「チームを助けたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加