ヤクルト1位寺島に背番18「自覚が芽生えました」

ヤクルト1位寺島に背番18「自覚が芽生えました」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/29
No image

ヤクルトと仮契約を交わし、クリスマスツリーの前でポーズを取る履正社・寺島

ヤクルトのドラフト1位、履正社(大阪)寺島成輝投手(18)が29日、大阪市内のホテルで、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1200万円(金額は推定)で仮契約を交わした。背番号は「18」に決まった。

寺島は「気持ちが引き締まる。自覚が芽生えました」と言った。

プロではエースナンバーとなる「18」を背負うことには「重い番号。しっかりと自分のものにできるように頑張りたい」と引き締めた。高校の先輩、ヤクルト山田からは「本当にいい球団。一緒に頑張ろうと言ってもらいました」と話した。

鳥原公二チーフスカウトは「ヤクルトの18番を球界を代表する番号にしてほしい。左では高校、大学、社会人を含めてNO・1の評価」と期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・北條、リオ金の土性から公開ラブコールに照れ笑い
各球団発表、12月8日の入団、背番号変更、スタッフ人事は?
森監督が明言!竜ドラ1、2コンビ来春C1軍スタート
巨人、陽に“Vの使者”背番号「2」提示 小笠原、井端は加入初年度にセ界制覇
V奪回へ至上命題!阪神・金本監督、広島&巨人との対戦成績「五分に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加