「もっともタフな2試合」が始まる クルセイダーズ vs. ヒトコム サンウルブズ プレビュー

「もっともタフな2試合」が始まる クルセイダーズ vs. ヒトコム サンウルブズ プレビュー

  • J SPORTS
  • 更新日:2018/04/17
No image

サンウルブズのジェイミーHCはニュージーランド遠征を「今年のシリーズでもっともタフな2試合」として挑む

開幕から7連敗となったサンウルブズは、4月16日、ニュージーランドへ旅立った。「今年のシリーズでもっともタフな2試合」とジェイミー・ジョセフヘッドコーチが言う強豪との連戦が待ち受けている。4月21日(土)には、ニュージーランド南島のクライストチャーチで昨年の覇者クルセイダーズと、そして、27日(金)には、一昨年の覇者ハリケーンズと戦う。厳しい戦いになることは間違いないが、その内容がチームのレベルアップを感じさせるものであってほしい。

「5位」という高い目標を掲げてスタートしたサンウルブズだが、序盤に負傷者が相次いだことでメンバーが固定できず、組織プレーを磨けないまま、ここまで来てしまった感がある。第8節のワラターズ戦、第9節のブルーズ戦は、ようやくメンバーを固定して戦い、ワラターズ戦で崩壊した組織ディフェンス、ラインアウトに関しては修正することができた。しかし、自信を持っていたはずのスクラム、モールでは圧力をかけられなかった。また、戦略的キックも効果的には使えず、攻撃面では課題を残した。

No image

怪我で戦列を離れていた 福岡堅樹がNDSの遠征を経てサンウルブズに合流する

ニュージーランド遠征は、ここ2試合のメンバーを軸にし、NDS(ナショナル・デヴェロップメント・スコッド)で先に同国入りしていたHO庭井祐輔、WTB福岡堅樹が合流。ディフェンスの良い両選手の加入がどうチームに影響するかは興味深いところ。チームとして、ディフェンス面を引き続き向上させ、攻撃面での的確な状況判断、スキルの精度も高めたい。

21日に対戦するクルセイダーズは、ここまで5勝2敗でニュージーランドカンファレンス2位。トライ数「32」は全体の2位(サンウルブズは14位)だが、ボールキャリー(ボールを持って走った回数)は「702」で全体の14位(サンウルブズは、11位)。この数字から効率よくトライを重ねていることが分かる。7連敗のなかで攻め込んだところでのミス、反則から一気にトライを奪われているサンウルブズとしては、これまで以上にミス、反則に最新の注意を払わなくてはいけない。相手にボールが渡ったときの攻守の切り替えも素早く対応したい。クルセイダーズのディフェンスは粘り強く、簡単にはトライを許してくれない。PGを狙える位置では攻め急がず、確実にスコアしたい。

クルセイダーズには、オールブラックスのHOコーディー・テイラー(183cm、111kg)、LOサム・ホワイトロック(203cm、120kg)、FLマット・トッド(185cm、105kg)、CTBライアン・クロッティ(181cm、94kg)など運動量豊富で、堅実な仕事人が多い。ここまで8トライをあげている22歳のWTBジャック・グッドヒュー(187cm、100kg)、爆発的なスピードを持つWTBマナサ・マタエレ(185cm、100kg、21歳)ら将来性豊かな選手も警戒したい。

一瞬たりとも気の抜けない相手だからこそ得られるものがあるはずだ。そのためには、いかに勝つかを突き詰めて戦ってもらいたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
人気歌手がブチ切れ「スッキリ」出演ボイコット?モデル“自撮り問題”の波紋
関ジャニ∞・錦戸亮、瑛太から“暴行報道”――現場目撃者が語る「馬乗り」「ボコボコ」の真相
六角精児 嫌いな俳優を告白「肉体派でイケイケ」 坂上忍も「分かる気が...」
「これじゃダメだな...」田村正和が俳優引退“引き際の美学”
【独占取材】小室哲哉、浅倉大介によるユニット「PANDORA」のフィーチャリングボーカルBeverlyとAXL21がスーパークリエイターと共に主題歌、挿入歌を歌う『仮面ライダービルド』について語り合う

ランキング総合

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加