伝統とモダンの融合!「オールド・ドバイ」で行きたいスポット

伝統とモダンの融合!「オールド・ドバイ」で行きたいスポット

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2017/12/06
No image

伝統とモダンの融合!「オールド・ドバイ」で行きたいスポット

ドバイと言えば超高層ビル群が立ち並ぶ「ダウンタウン・ドバイ」など都会的なイメージが強いかもしれません。かつて海のシルクロードの中継貿易港として栄えており、その歴史を色濃く感じられる「オールド・ドバイ」の散策もおすすめです。イスラム文化を体験できる施設、おしゃれなカフェやギャラリー、活気に満ちあふれたスークなど、見どころも盛りだくさん。伝統とモダンな雰囲気を併せ持つ魅力的なスポットをご紹介します!

ドバイの歴史やイスラム文化を体験できる「SMCCU」

No image

写真:篠宮 あかり

国際的な貿易都市として発展を遂げてきたドバイ。人口の約80%が外国人、約20%が現地人のエミラティで構成されています。ドバイの歴史やイスラム教の文化を現地人から学べるのが、アル・ファヒディ歴史地区にある「シェイク・モハメッド文化理解センター(SMCCU)」です。アラブの家庭料理を味わいながら交流できるコースもあるので気軽に参加できますよ。

英語ガイドではありますが、簡単な単語やジェスチャーを交えて説明してくれるのが嬉しいところ。「オープン・ドア、オープン・マインズ」というモットーのためどんな質問もOK!「イスラム教徒の民族衣装はなぜ白と黒なの?」「豚肉やお酒は本当に禁止されてるの?」など基本的な事でも聞いてみましょう。ドバイやイスラム教への理解がより深まるはずです。

No image

写真:篠宮 あかり

ドバイではゲストを迎えるためのホスピタリィーが強いため、みんなでシェアして食べるビュッフェスタイルが一般的。最初にコーヒーとデーツを味わったら、前菜のフムスやタブーリ、肉や魚の煮込み料理、炊き込みご飯のマチブースなど、お好みの料理を盛り付けましょう。

アラビア料理らしくスパイスが効いた料理もありますが、お米や野菜などとバランス良く食べられるのが魅力。ひとつの料理に対して種類豊富な具材や調味料を使っているのも特長です。「好きなものをちょっとずつ食べたい!」という日本人にはぴったりな食事スタイルですね。

No image

写真:篠宮 あかり

こちらではイスラム教徒の民族衣装に着替えたり写真撮影もできるのです!ムスリム女性が着用する「アバヤ」は黒が多いですが、違う色や控えめな装飾が施されたものも。さらに頭を覆うスカーフ「ヒジャブ」などをつけるとムスリム女性の雰囲気に近づくかもしれません。ドバイやイスラムを身近に感じられる貴重な体験をしてみてはいかがでしょうか?

<基本情報>
住所:House 26, Al Musallah Road,Dubai
営業時間:9:00~17:00
電話番号:+971 4 353 6666
アクセス:AL FAHIDI Stationから徒歩10分

おしゃれなカフェやアートを満喫「XVA Art Hotel」

No image

写真:篠宮 あかり

石造りの民家が立ち並んでいるアル・ファヒディ歴史地区。昔の街並みを残すだけではなく、壁にはカラフルでポップなアートが描かれていたり、おしゃれなカフェやギャラリーが集まる人気スポットです。個性的なお店が多いのでふらりと散歩するのも楽しいですよ。

No image

写真:篠宮 あかり

特に注目されているのは、ホテル内にカフェやギャラリーを併設した「XVA Art Hotel」。客室は中東らしいモチーフを取り入れたユニークな内装となっています。緑があふれる中庭のカフェでは、見た目にも鮮やかなベジタリアンフードを中心に提供。人気のミント・レモネードはスッキリ爽やかな味わいで喉を潤すのにぴったりです!

No image

写真:篠宮 あかり

小さな部屋にアート作品が飾られているのでプライベートな個展にも見えますが、中東でも有数のギャラリーとして国際的に高い評価を受けています。常設と期間限定の展示があるので事前に公式HPでチェックしておきましょう。コンセプトストアでは、おしゃれなスカーフやアクセサリーも販売されておりお土産にもおすすめですよ。

<基本情報>
住所:Al Fahidi Neighborhood, Bur Dubai P.O. Box 37304 Dubai, UAE
電話番号:+971 4 353 5383
アクセス:AL FAHIDI Stationから徒歩10分

木造の渡し船「アブラ」でのんびり船の旅!

No image

写真:篠宮 あかり

「オールド・ドバイ」はアラビア湾につながる雄大なクリーク(水路)を挟んで、バール・ドバイ地区とデイラ地区に分かれています。橋がかかっていないため、現地の人々の交通手段の一つとなるのが木造の渡し船「アブラ」。待機中の渡し船が定員になったらすぐに出発します!運賃はDh1(約30円)ですので気軽に利用できますよ。

No image

写真:篠宮 あかり

乗船時間は約5分ほどで「オールド・ドバイ」の古い街並みから、遠くにある「ダウンタウン・ドバイ」の超高層ビル群まで見渡せますよ。特に夏は風が気持ち良いのでちょっと涼みたい時にもおすすめ。運行中は他の渡し船ともよくすれ違うため、手を振ってみたりコミュニケーションをとるのも楽しいですよ。

<基本情報>
アクセス:Al Ghubaiba Stationから徒歩5分

活気に満ちあふれた「スーク」でお買い物!

No image

写真:篠宮 あかり

デイラ地区で渡し船を降りたら、大きなスーク(市場)を散策してみましょう。ドバイの地元の人々の活気に満ちあふれており、特産品のスパイスやテキスタイルなどをリーズナブルな価格で購入できますよ。アラブらしい雰囲気のお土産を買いたい人にもおすすめです!

No image

写真:篠宮 あかり

スパイスの華やかな香りが漂う「スパイス・スーク」には、カラフルな香辛料や調味料が並べられており、見ているだけでも楽しい気分に。特に高価なスパイスとして知られるサフランもお得な値段で購入できるため人気があります。基本的には量り売りで値切り交渉も可能なので、気になるスパイスがあったら声をかけてみましょう。

<基本情報>
アクセス:AL RAS Stationから徒歩5分

No image

写真:篠宮 あかり

ゴージャスな金製品を中心に扱っているのが「ゴールド・スーク」。店内の隅々までまばゆいネックレスやブレスレッドなどがズラリと並ぶ様は圧巻ですね…!お店によっては金製品にアラビア語で名前を入れるサービスもあるので、自分へのご褒美に、また大切な人へのプレゼントにもいかがでしょうか?きっと思い出に残る一品となるはずです。

<基本情報>
アクセス:AL RAS Stationから徒歩5分

ドバイ観光の拠点にもなる「オールド・ドバイ」

ドバイの古き良き街並みを満喫できる「オールド・ドバイ」。最近は現代的なカフェやギャラリーも増えているので、自分でお気に入りのスポットを見つけるのも楽しいですよ。古い建物をおしゃれに改築したリーズナブルなホテルも多いため、ひとり旅や少人数で旅する方はこちらを拠点にしてドバイを観光するのもおすすめです!

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:ドバイ政府観光・商務局

関連MEMO

シェイク・モハメッド文化センター(SMCCU)

XVA Art Hotel

ドバイ政府観光・商務局

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女がドン引く瞬間〜全身脱毛した男の許せない行動〜
「死ぬときに人はどうなる?」現役医師に聞いた
【今週の運勢】12月18日(月)~12月24日(日)の運勢第1位は山羊座! そまり百音の12星座週間占い
「長続きする夫婦・しない夫婦のLINE」何が違う?NG内容3つ
【検証】ユニクロの防風暖パン『ブロックテックスリムフィットチノ』だけで真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加